2017年5月28日日曜日

59 Independence/Unleash Your Brain Power3

59 Independence/Unleash Your Brain Power3【Life】Dialogue with the Universe

59-1 Independence
○“It is experience precious to a young person to notice "a difference between oneself and the others." It becomes the cause to go to independence. However, regrettably many people will go to dependence with reverse independence. By uniting with familiar someone, they try to negate loneliness. 
The object of their dependence is a sweetheart, the best friend, or a family. Those dependence is only the means for curing one's loneliness. Therefore, the self-centered action which disregards a partner's character and goes to monopolize thoroughly is seen frequently. Or they lose themselves completely and are under the partner's thumb.
It can be said that it is just manifestation of dependence, if they would like to meet their partner every day, or desire to be together always, or want to monopolize their partner. Even if the wish is filled temporarily, it never lasts long. Because their partner are different existence from them, and they are another characters.”
・・・
“When it is in dependency, the leading role of your life is not yourself. The partner for dependence is the leading role of your life, and is governing your life. With independence, we become the leading role of our life.”・・・” Anyway, a dream cannot be realized while you have been weak lonely. That everybody take over loneliness and try hard towards realization of a dream makes possible the better human relations which respect mutual character.“

Original text: Shigeki Suwa『援助者のためのコミュニケーションと人間関係 第2版』建帛社
http://homepage1.nifty.com/shigeki-suwa/loneliness/

○Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. 
Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking.
Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.
And most important, have the courage to follow your heart and intuition.  -Steve Jobs(1955-2011)

○The friendship between the wise men is light like water. ―Chuang-tzu (B.C.552-B.C.472)



59-2 Unleash Your Brain Power3
・The second way to train positive neural for unlock your originally brain power without having to atrophy is not rely on others.
・The reliance on others is withering the emotions insidiously.
・Even if you go to temples and shrines or a church, and wish only your happiness and fortunes, the Buddha and God will only get bored.
・For unleash of your brain power , it is good to think about not your thing but the surrounding person, and to ask the happiness for the person of the world, if you can do.
・But you don't need to do all of your work, everyday life, etc. by yourself.
・If you do not assign but continue only miscellaneous business, your feeling will shrink.
・You should be advanced work, housekeeping, etc. valuing teamwork and communication and borrowing a surrounding person's power.
・After all, in order to set your brain's ability free, the posture in which it does not depend on other things is required.
・If you do not depend on other things and have a margin to sympathize with the others, your brain power will be enleashed.

【Change log】
20170324 Addtion of a photo

59 自立/脳力の解放3

59 自立/脳力の解放3 【人生】宇宙との対話

59-1 自立
○「『他者とは異なる自分』への気づきは、若い人にとって貴重な体験です。それは自立へと向かう、きっかけになるのです。ところが、残念なことに多くの人は、自立へと向かわずに、自立とは逆の依存へと向かってしまいます。身近な誰かと一体化することで、孤独を打ち消そうとするのです。
 依存の対象は、恋人であったり、親友であったり、家族であったりします。それらは、自分の孤独を癒すための手段に過ぎないことから、相手の人格を無視して徹底的に独占しようとする、自己中心的な行動がたびたび見られます。あるいは、自分自身を完全になくしてしまい、相手の言いなりになったりするのです。
 毎日会いたい、いつでも一緒にいたい、自分だけの「もの」にしたい、という気持ちは、まさに依存の表れだと言えます。その願望は一時的に満たされたとしても、けっして長続きしません。なぜならば、相手は自分と異なる存在であり、自分とは別の人格だからです。」
・・・
「依存状態にある時、自分の人生の主役は自分ではありません。依存対象の相手が自分の人生の主役になっており、自分の人生を支配しているのです。自立とは、自分の人生の主役に自分がなること」・・・「いずれにしても、孤独に弱いままでは、夢を実現することができません。それぞれが孤独を引き受け、夢の実現に向けて努力することが、互いの人格を尊重し合える、よりよい人間関係を可能にするのです。」

原典:諏訪茂樹『援助者のためのコミュニケーションと人間関係 第2版』建帛社
http://homepage1.nifty.com/shigeki-suwa/loneliness/

○人生の時間は限られている。他人の人生を生きてはいけない。そして、いちばん大事なのは自分の心に素直に従う勇気を持つことです。「スティーブ・ジョブズ名語録」桑原晃弥(p.129)

○孤独は、創造を業とする者には、神が創造の才能を与えた代償とでも考えたのかと思うほどに、一生ついてまわる宿命である。 塩野 七生「ユリウス・カエサル」ルビコン以降[中] (p.115)

○「君子の交わりは淡き水の如し」孔子(B.C.552-B.C.472)



○『愛するものと一緒に暮らすには一つの秘訣がいる。すなわち相手を変えようとしないことだ。気にさわる彼女の欠点を直そうとすると、忽ち彼女の幸せまで破壊することになるからだ』【ジャック・シャルドンヌ (1884-1968)】

59-2 脳力の解放3
○ポジティブな神経回路を養成して、もともとある脳力を萎縮させることなく解き放つための第2の方法は他のものに頼らないことだ。
○他力本願は、人の気持ちを知らない間に萎縮させる。
○それに、寺社や教会に行って、自分の幸福や幸運ばかりを願っても、御本尊や神様に愛想をつかされるだけだろう。
○脳力の解放のためには、自分のことではなく周囲の人、できれば世界中の人の幸福をお願いするのがよい。
○とは言っても、仕事や日常生活など、なんでも自分でやれということではない。
○分担をせず雑務ばかりを続けていると、気持ちが萎縮する。
○仕事や家事などは、チームワークやコミュニケーションを大切にして、周りの人の力を借りながら進める。
○でも結局は、脳力を解き放つためには、他のものに頼らない、自分がやるという姿勢が必要です。
○他のものに頼らず、他人を思いやる余裕を持つことで、脳力は解き放たれる。

【更新履歴】
20170324 写真を追加

58 Really Important Thing? /Unleash Your Brain Power2

58 Really Important Thing? /Unleash Your Brain Power2【Life】Dialogue with the Universe

・How do you train a positive neural circuit?
・At first you never picky cares.



・In Mature society, the chances of success are less than growth society. The opportunity to acquire money, a status, and honor may decrease for most persons, however they may do their best, it will become difficult to obtain them.
・Then, if you are going to adhere to what is not and are going to live, your view will become narrow.
・If the state continues, you will disappear the pleasure which must be everywhere, and your heart will shrink.
・Cultivation of a negative circuit begins from here.
・In short, don't be attached to "what is not."
・If you understand that getting money, a status, honor, etc is impossible, don't be attached to them.
・Instead, be attached to "what existing."
・Change your mind to value your really important matter, your ability, etc. And develop them.
・Let's train your positive neural circuit and set free the brain's ability equipped from the first!

【Change log】
20170324 Addition of a photo

58 本当に大事なことは?/脳力の解放2

58 本当に大事なことは?/脳力の解放2【人生】宇宙との対話

・ ポジティブな神経回路って、どうやって養成したらいいのだろう?
・まずは、「無いもの」にこだわらないことだ。



・ 成熟社会では、成長社会よりも成功するチャンスは少なくなる。大半の人にとって、お金や地位や名誉を得る機会が減り、どうがんばっても、それらを得ることが難しくなる。
・ その時、無いものにこだわって生きようとすると視野が狭くなる。
・ 視野の狭い状態が続くと、いたるところにあるはずの楽しみが見えなくなり、心が萎縮してしまう。
・ ここからネガティブな回路の養成が始まる。
・要は、「無いもの」にこだわらないことだ。
・ お金や地位や名誉などが、手に入れることが無理と分かったら、こだわらないこと。
・ その代わり、「有るもの」にこだわるのだ。
・ 自分にとって本当に大事なこと、自分の得意なことなどを大切にしたり、伸ばしたりすることに気持ちを切り替えるのだ。
・ ポジティブな神経回路を養成して、もともと備わっている脳力を解き放ちましょう!

【更新履歴】
20170324 写真を追加

57 Training of Positive Neural/Unleash Your Brain Power 1

57 Training of Positive Neural/Unleash Your Brain Power 1【Life】Dialogue with the Universe

○"Brain decides happiness!"

Source: Marci Shimoff [Author] Kenichiro Mogi [Not] "Do it just "good for the brain" " Publisher Mikasa Shobo (p.2)

・According to this book by repeated the same thing, neural circuitry of the brain
will be strengthened.
・And these "negative" things are firmly memorized by the neural circuit, and a "positive" things are hard to be memorized.
・In modern society with much stress that is going to simple society from growth society, if nothing is done, a "negative" neural circuit will be strengthened in a brain and a "positive" neural circuit will become overwhelmingly inferior in strength.
・Then, it is necessary to train being conscious of a "positive" neural circuit.

○Happiness depends upon ourselves. -Aristotle(B.C.384 – B.C.322)

☆ If you want to become positive, train the upper body.

【Change log】
20170324 Addition of a photo

57 ポジティブな神経回路の養成/脳力の解放1

57 ポジティブな神経回路の養成/脳力の解放1【人生】宇宙との対話

○「幸せは自分の脳が決める」

出典:マーシー・シャイモフ [著]・茂木健一郎[訳]「「脳にいいこと」だけをやりなさい!」三笠書房(p.2)

・この本によれば、人の脳は太古より「恐怖」と「不安」の二つの「警報システム」がプログラムされているそうだ。
・そして、これらの「ネガティブ」なものは、しっかりと神経回路により記憶され、「ポジティブ」なものは、記憶されにくい。
・成長社会から質素な社会へと向かっている何かとストレスの多い現代社会では、何もしなければ、脳の中で「ネガティブ」な神経回路が強化され、「ポジティブ」な神経回路は圧倒的劣勢になってしまう。
・ そこで、「ポジティブ」な神経回路を意識して養成することが必要になってくる。

○幸せかどうかは、自分次第である。-アリストテレス(B.C.384 – B.C.322)

☆ポジティブになりたければ上半身を鍛えなさい。

【更新履歴】
20170324 写真を追加

2017年5月27日土曜日

56 Growth with Pleasure

56 Growth with Pleasure【Life】Dialogue with the Universe

・To live is to grow up as an intellect object.
・However it is necessary to warn against growth-stopping or shrinking.
・For that purpose, you have to find the theme to which life may be applied.
・And don't forget to praise yourself and others.



【Change log】
20170324  Addition of a photo

56 一瞬一瞬を楽しみながら成長を続けること

56 一瞬一瞬を楽しみながら成長を続けること【人生】宇宙との対話

・人が生きるということは、知性体として成長すること。
・だから、成長が止まったり、萎縮することがないよう注意する必要がある。
・そのためには、人生をかけてもいいテーマを見つけなければならない。
・そして、自分と他人を褒めることを忘れてはならない。



【更新履歴】
20170324 写真を追加

55 Positive Thinking

55 Positive Thinking 【Life】Dialogue with the Universe

・An ordinary man must never blame himself.
・For common people to blame himself is like making the other enemy. As a result, everything becomes impossible increasingly.
・The brain works well when optimistic. 

・Then, I send "a murmur."

Don't blame yourself.
But even you are small.
If you won't stop to blame, you'll be flour.

☆Think positive, do it positive, be positive!



【Change log】
20170324 Addition of a photo

55 ポジティブ思考

55 ポジティブ思考【人生】宇宙との対話

・凡人は、決して自分を責めてはいけない。
・ただでさえ平凡な能力しかないのに、自分を責めたりしていると、もう一人の敵を作るようなもので、ますます何もできなくなる。

・「脳は楽観的でないとうまく働いてくれない。」茂木 健一郎

・そこで、こんな「つぶやき」を送ります。

自分を責めちゃいけないよ
そうでなくても小さい自分
責めてばかりじゃ粉になる

☆ポジティブに、ただポジティブにポジティブに!



【更新履歴】
20170324 写真を追加