2016年1月31日日曜日

13 Expansion of the universe 【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

13 Expansion of the universe 【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

13-1 [1]
• Since the Big Bang, The universe has continued to expand.
・Everything is moving away from us, with a speed that is proportional to its distance. :The Hubble Law [2]
・ For expansion of the universe is the expansion of space-time itself, so it is also possible to exceed the speed of light.
・The universe is the same everywhere.:Uniformity
・Currently, the observable universe is expanding at 3.5 times the speed of light.
・Expansion of the universe is described in the general theory of relativity.
・ Outside of the observable universe is not known whether infinite or finite.

⇒ Therefore, in order to escape from our universe, rather than fly, it is necessary to exceed the time and space.

並行宇宙

13-2 Standard candle -Observation of the size of the universe[3]
・Brighter Type Ia supernova is known to shine longer.・・・So, it is possible to know the specific brightness( absolute magnitude) of the star from the shining period.
・Thus, it is possible to determine the distance (D (kpc)) to the Type Ia supernova.

 D=0.2・10^(m-M-10)

  Kpc: kiloparsecs =3.26 light year
  m :the apparent magnitude
 M :the absolute magnitude
 
・Supernova explosion is about once in a hundred years in one galaxy, but if you use a large enough telescope, you can see the 100,000 galaxies in the night sky of the size of the coin. And in every one of the galaxy, because it contains several billion of stars, in the order of magnitude of the coin, you can observe three explosions overnight. [4]
・By observation of the standard candle, it was possible to determine the Hubble constant with an error range less than 10%. As a result, the age of the universe could be estimated.

13-3 The Moon Moving Away

・Because of tidal forces between earth and moon, earth's rotation would gradually slow.
•As a result, the moment of the Earth's rotation (rotational force) is reduced, and the moment of the moon around the Earth increases, and the moon away from Earth (3.8 cm per year).

【Reference】
[1] Wikipedia:宇宙(The universe/Japanese)
[2] edX/Cosmology/Section1 Space and Time/Lesson1/Referende Notes 1
[3] Wikipedia:Cosmic distance ladder
[4] A Universe from Nothing. Lawrence M. Krauss -2012

13 宇宙の膨張 【宇宙とは】宇宙との対話

13 宇宙の膨張 【宇宙とは】宇宙との対話

13-1 膨張する宇宙[1]
・宇宙はビッグバン以降、膨張を続けている。
・膨張の速度は遠い宇宙ほど早い。(距離に比例する。:ハッブルの法則)[2]
・宇宙の膨張は時空自体の膨張であるため、光速を超えることも可能。
・宇宙は大きなスケールでは均一。
・現在、観測可能な宇宙は、光速の3.5倍で膨張している。
・宇宙の膨張は一般相対性理論で説明される。
・観測可能な宇宙の外側が、有限なのか無限なのか分かっていない。

⇒従って、この宇宙から脱出するためには、飛行するのではなく、時空を超える必要がある。

並行宇宙

13-2 標準光源-宇宙の大きさの観測[3]
・より明るいIa型超新星は、より長く輝くことが知られている。・・・つまり輝き続けた期間から、その星の明るさ(絶対等級)を知ることができる。
・すると、そのIa型超新星までの距離(D(kpc))を求めることができる。

 D=0.2・10^(m-M-10)

  Kpc: キロパーセク=3.26 光年
  m :天体の見かけの等級
 M :天体の絶対等級

・超新星爆発は1つの銀河で百年に1回程度ですが、十分に大きな望遠鏡を使えば、コインの大きさの夜空の中に10万の銀河を見ることができる。そしてその銀河のひとつひとつには、数十億個もの恒星が含まれているので、コイン程度の大きさの中で、一晩に3個ほどの爆発を観測できる。[4] (p.56)
・標準光源の観測により、ハッブル定数を誤差範囲10%以下で求めることができた。その結果、宇宙の年齢を推定できた。

13-3 遠ざかる月 

・地球に対する月の潮汐力のため、地球の自転はだんだんゆっくりになる。
・その結果、地球の自転のモーメント(回転力)が減り、その分だけ月の地球まわりのモーメントが増加するため、月は地球から遠ざかる(1年に3.8センチ)。 

【参 考】
1. Wikipedia:宇宙
2. オンライン講座:edX/Cosmology/Section1 Space and Time/Lesson1/Referende Notes 1
3. Wikipedia:標準光源
4. 「宇宙が始まる前には何があったのか?」ローレンス・クラウス(2013年11月刊)

12 Life of Stars【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

12 Life of Stars【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

・Big star burns out faster than small one.
• The lifetime of the sun is about 100 million years. The life of stars of 10 times weight of the sun is from 1 / 1000 to 1 / 100.

12 星の寿命 【宇宙とは】宇宙との対話

12 星の寿命 【宇宙とは】宇宙との対話

・質量の大きな星ほど早く燃え尽きる。
・太陽の寿命は約100 億年。太陽の 10 倍の星の寿命は1/100から1/1000(1億年から 1000万年)。

11 Dark Matter and Dark Energy【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

11 Dark Matter and Dark Energy【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

11-1 Dark Matter
・Dark matter is matter and energy, which is supposed to describe the structure of the universe and the operation of the galaxy. (Fritz Zwicky in 1934) [1]
・It is named darkness from the fact that is not only not emitting light but also not reflecting.
・Dark matter is distributed spherically around the galaxy.
・From it is to us that can not be only three spatial dimensions recognition, dark matter can not be seen in motion in the other seven spatial dimension to us. [2]
・Mass of dark matter is a kinetic energy of the particles(Elementary particle? In superstring theory, it is string that vibrates at a high frequency) in motion in the other seven spatial dimensions. [2]
・It can be detected by the gravitational lens effect.

・Neutralino that is the lightest and stable particle in supersymmetric particles is one of the leading candidates for dark matter.
・Neutralino, that is the partner of photon and Z boson or the the Higgs particle, and that is electrically neutral. It's spin is 1/2. So neutralino particles is such as relatives of neutrino.

11-2 Dark Energy
・In observation of galaxies and galaxy clusters(Cosmic structure) that have been made in the 1990s, if the space has to be flat, only dark matter was suggested that not be explained only about 25% of the universe mass. If the dark energy compensate about 70% of the remaining, can be explained that the universe is flat.
・The universe(space-time) is expanding at an accelerated pace. The dark matter and substances act as a brake against the expansion of the universe in order to attract each other by gravity. On the other hand, dark energy acts as a repulsive force. ・・・?
・And the universe (space-time) even though continued accelerated expansion, the density of dark energy does not become thin.
・The identity of the dark energy is not known. [3] (Related to the quantum theory of gravity ...?)

11-2-1 The identity of dark energy (hypothesis 1) [5]
• The same kind of energy with vacuum energy which caused inflation in early universe.

・In that case, dark energy does not change it’s density of energy even the universe continues to expand.
Then, regardless of whether the curvature of the universe is either positive or zero or negative, the universe will dilute and spread without limit.

• On the other hand, it is thought that the dark energy causes phase transition and the energy density will be substantially zero.
(In the inflation of early universe, the vacuum energy density became almost zero by the phase transition of vacuum, as a result, accelerated expansion had stopped.)
• In this case, when the curvature of the universe is positive, the universe is likely to turn to contraction from expansion.

11-2-2 The identity of dark energy (hypothesis 2) [5] [6]
・Phantom energy is a hypothetical form of dark energy that is even more potent than the cosmological constant at increasing the expansion of the universe
・If it exists, it could cause the expansion of the universe to accelerate so quickly that a scenario known as the Big Rip would occur.

11-2-3 The identity of dark energy (hypothesis 3) [5]
・In this case, vacuum energy which caused inflation in early universe is left in the current of the universe.

・However, compared to the energy value of the vacuum that should remain theoretically, the value of dark energy observed even smaller 120 digits.
・This problem happens in order to the energy of the vacuum has a feature that "the energy density is constant" . If the density is constant, the amount of energy of the vacuum is rapidly increases with the cosmic expansion.
・So, a theory appeared. In this theory, the identity of dark energy is the unknown energy which is similar to the vacuum-energy, energy density is decreased with the lapse of time.・・・?
- This unknown-energy was named "Quinntessen (fifth element)".

11-2-4 The identity of dark energy (hypothesis 4) [5]
・In this case, dark energy does not exist. (p.208)
・In order to general relativity coming a little change in large scale, such as several hundreds of million light-years or several billion light-years, the universe accelerates expansion.

11-3 Observation
・There is attempt to observe dark matter or dark energy.

11-3-1 XMASS
・The XMASS collaboration, led by Yoichiro Suzuki at the Kavli IPMU, has reported its latest results on the search for warm dark matter. Their results rule out the possibility that super-weakly interacting massive bosonic particles (bosonic super-WIMPs) constitute all dark matter in the universe. [7]

11-3-2  International Linear Collider(ILC)[4]
・The design and associated R&D activities associated with the International Linear Collider (ILC) are performed by a global collaboration consisting of working group and national laboratories in Europe, the Americas and Asia.
・It is possible to explore the identity of the Higgs boson and dark matter and dark energy by the ILC.
• Linear accelerator of approximately 31 kilometres to hit electron and positron
・A site-specific one located in the Kitakami highland in the Iwate prefecture in northern Japan.(2013)

11-3-3 Subaru Measurement of Images and Redshifts
・SuMIRe (Subaru Measurement of Images and Redshifts) is a project to reveal the origin and fate of the Universe by elucidating the nature of dark matter and dark energy via imaging and spectroscopy. [8]

【Reference】
1. Why dark matter is assumed?
1) By the third law of Kepler, from the orbital period and the semi-major axis of the two stars we can obtain the sum of the mass of the stars.
M=a^3/p^2
     M:Sum of the mass of stars(solar mass)
p:Orbital period(year)
a:Semi-major axis of two stars(astronomical unit: au)
2)When estimating the total mass of galaxies, based on the movement of the galaxy its periphery, the result is a few hundred times the mass which is estimated based on the total luminance of galaxies and the number of galaxies observed optically.
3)Therefore, it is assumed that there are substances that are not visible.
2. 「宇宙は何でできているのか」村山 斉(Japanese)
3. Dark Energy, Dark Matter - NASA Science - Science@NASA
4. International Linear Collider
https://www.linearcollider.org/
5.No.87 Future of the Universe
6. Wikipedia:Phantom energy
7. The Kavli Fundation/Recent News
http://www.kavlifoundation.org/kavli-news/warm-dark-matter-search-using-xmass#.Vhs84eztlBc
8. SuMIRe Project
 http://sumire.ipmu.jp/en/category/outline-of-research-en/

11 暗黒物質と暗黒エネルギー【宇宙とは】宇宙との対話

11 暗黒物質と暗黒エネルギー【宇宙とは】宇宙との対話

11-1 暗黒物質
・暗黒物質は、銀河の運行や宇宙の構造を説明するために仮定された物質。
(1934年にフリッツ・ツビッキーによって銀河団中の銀河の軌道速度における"欠損質量" (missing mass) を説明するために仮定された。)[1]
・光を出さず他の粒子とまったく反応しないことから暗黒と名付けられた。
・暗黒物質は、銀河を中心に球状に分布する。
・私たちには3個の空間次元しか認識できないことから、他の7個の空間次元で運動している暗黒物質は見えない。[2]
・暗黒物質の質量は、他の7個の空間次元で運動している粒子(素粒子? 超弦理論では、高い周波数で振動する弦)の運動エネルギー。[2]
・重力レンズ効果で検出できる。

・超対称性粒子の中で一番軽いニュートラリーノは安定な粒子で、暗黒物質の有力候補の一つ。(ニュートラリーノは、光子やZボソン、ヒッグス粒子のパートナーで、電気的に中性でスピンが1/2なのでニュートリノの親戚のような粒子。)

11-2 暗黒エネルギー
・1990年代に行われた銀河や銀河団(宇宙構造)の観測で、暗黒物質だけでは宇宙が平坦であるのに必要な宇宙質量の25%程度しか説明できないことが示唆された。もし暗黒エネルギーが残りの約70%を補えば、宇宙が平坦であることを説明できる。[3]
・宇宙(時空)は加速膨張しているが、物質と暗黒物質は重力で互いに引き合うために宇宙の膨張に対してブレーキとして作用し、一方、暗黒エネルギーは反発力として働くことが知られている。[3]
・宇宙(時空)が膨張しても暗黒エネルギーの密度は薄まらない。[3]

11-2-1 暗黒エネルギーの正体(仮説1)[6]
・初期宇宙をインフレーション膨張させた真空が持つエネルギーと同種のもの。

・その場合、暗黒エネルギーは宇宙が膨張してもエネルギーの密度が変化しないことになる。
・すると、宇宙の曲率が正・ゼロ・負のいずれであっても、宇宙は限りなく広がって希薄になる。

・一方、暗黒エネルギーが相転移を起こして、エネルギー密度がほぼゼロになることも考えられる。
(宇宙初期のインフレーション膨張では、真空の相転移により真空のエネルギー密度がほぼゼロになり、加速膨張が止まった。)
・この場合、宇宙の曲率が正であると、宇宙が膨張から収縮に転じる可能性もある。

11-2-2 暗黒エネルギーの正体(仮説2)[6]
・ファントムエネルギー:宇宙が膨張するにつれて密度が増えていくようなエネルギー。
※ファントム:幻、亡霊
・この場合、宇宙は引き裂かれるように膨張する。=ビッグリップ
※リップ:引き裂く。

11-2―3 暗黒エネルギーの正体(仮説3)[6]
・初期宇宙でインフレーション膨張を起こした真空が持つエネルギーが現在の宇宙に残っていて、それが宇宙膨張を再加速させているとした場合。

・しかし、理論的に残っているはずの真空のエネルギー値に比べて、観測される暗黒エネルギーの値は120桁も小さい。
・これは、真空のエネルギーが「そのエネルギー密度は一定」という特徴を持つために起こる。密度が一定の真空のエネルギー量は宇宙膨張に伴ってどんどん大きくなる。

・そこで真空のエネルギーに似ているものの、エネルギー密度が時間の経過とともに減少する、未知のエネルギーが暗黒エネルギーの正体だという説が登場した。
・・・?
・その未知のエネルギーに「クインテッセン(第5の元素)」という名がつけられている。

・「暗黒エネルギーは存在しない」との考えもある。(p.208)
・この場合、数億光年、数十億光年といった大きなスケールでは一般相対性理論が少し変わってくるために、宇宙は加速膨張をしていると考える。

11-3 観測
・暗黒物質や暗黒エネルギーを観測しようという試みがある。

11-3-1 XMASS
東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の鈴木洋一郎(すずき・よういちろう)特任教授らのXMASS(エックスマス)実験グループは、岐阜県飛騨市の地下1000mに設置したXMASS検出器を用いて暗黒物質の候補のひとつであるボゾン粒子(スピンが0や1の素粒子)のSuper-WIMP(スーパー ウィンプ)について世界最高感度で探索を行い、この粒子が宇宙の暗黒物質であるというシナリオを否定した。(2014年9月)[7]

11-3-2 国際リニアコライダー計画( International Linear Collider、略称ILC)[4]
・ヒッグス粒子を調べたり、暗黒物質や暗黒エネルギーの正体を探ることを目的に、国際協力によって設計開発が推進されている。
・電子と陽電子をぶつける全長31kmの直線状の加速器 [5]
・2013年に立地候補を北上山地に選定した。

11-3-3 すみれ計画 [6]
・すみれ:Subaru Measurement of Images and Redshifts (SuMIRe)
・カブリ数物連携宇宙研究機構(カブリIPMU)(2007年設立)
・機構長は村山斉。
・2012年からアメリカのカブリ財団の支援を受けている。
・銀河の分布と銀河までの距離から、過去の宇宙膨張の速度を観測する。
・暗黒物質の分布や振る舞いなども調べることができる。
・2400個の銀河のスペクトル解析を同時に行うことのできる超広視野分光器(PFS プライムフォーカススペクトログラフ)は2017年稼働予定。

【参 考】
1. なぜ暗黒物質を仮定するのか?
1) ケプラーの第三法則により、二つの星の公転周期と軌道長半径から二つの星の質量の和を求めることができる。
M=a^3/p^2
       M:二つの 星の質量の和(太陽質量)
p:二つの星の公転周期(年)
a:軌道長半径(天文単位))
2) 銀河団の全質量をその周縁の銀河の運動に基づいて推定すると、その結果は光学的に観測される銀河の数および銀河団の全輝度に基づいて推定された質量の数百倍となる。
3) 従って、目に見えない物質(暗黒物質)が存在するものと推測される。

2.「宇宙は何でできているのか」村山 斉(2010年刊)
3.Wikipedia:ダークエネルギー
4.Wikipedia:国際リニアコライダー計画
5.International Linear Collider
   http://www.linearcollider.org/ILC/What-is-the-ILC/Facts-and-figures
6.「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」佐藤 勝彦(2013年刊)(p.209)
7.東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構
http://www.ipmu.jp/ja/node/1998

2016年1月30日土曜日

10 What Constitutes the Universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

10 What Constitutes the Universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

10-1 What Constitutes the Universe [1]
(1) Substance・・・・・4.83% by weight of the universe
・Heavy elements •  :0.03%
・Neutrino      :0.3%
・Stars        :0.5%
・Hydrogen・Helium :4%
(2) Energy・・・・・・・ 0.17%
(3) Dark matter ・・・ 26.8%
• The dark matter can be detected by observing the gravitational.
(4) Dark energy ・・・ 68.3%
・Dark energy is hypothetical energy to explain the accelerated expansion of the universe and result of observation that the the majority of the mass of the universe is unknown identity.
(Hawking suspects that it is vacuum energy.)

10-2 Observation of the total amount of substance [2]
○The total amount of the substance in the universe is estimated from the measurement of the gravitational lens effect and X-ray radiation of galaxy clusters.
• The total mass of the galaxy clusters are associated with the temperature of the gas in clusters of galaxies that emit X-rays.

10-3 Virtual particle [2]
:Particles which is assumed in the calculation without being observed.
・In calculating the reaction between the particles in accordance with the quantum field theory, by considering virtual particles, correct answer is obtained.
・For example, the fine structure of the spectrum of the hydrogen atom can be calculated with high accuracy.
・Electromagnetic force is mediated by photons and virtual photons.
・According to the quantum theory of electromagnetic, the electrostatic field occurs by the charged particles releasing virtual particles of zero energy.
・・・According to the quantum theory of electromagnetic, the electrostatic field occurs by releasing of virtual particles of zero energy from charged particles .
・・・Zero-energy particles may proceed even to the ends of the universe without disappearing.
※If zero-energy particles are released, law of the conservation of energy is not violated.

• In addition, inside the proton and the neutron, gluons and virtual gluons, that convey the strong force acting between quarks, constantly born and disappear.

○Features of virtual particles
・They are virtually and apparently "short-lived".
・Phenomena such as breaking the law of conservation of energy occurs.
・Positive and negative charge particles occur in pairs.

○ Energy of virtual particles
・Energy of virtual particles can be calculated by following equation.
Energy of virtual particles = Total energy - Energy of real particles
※real particles:Consider actual particles to be divided into real particles and virtual particles
※Method of calculation
• Virtual particles disappear in infinitesimal time.
・The measured value of energy of a system is inversely proportional to the length of the measurement time.
• So, the particles that disappear in infinitesimal time have the energy of infinity.
・In order to obtain energy of virtual particles as finite value, we subtract energy of total energy and energy of real particles.

○Vacuume energy ⇔ Cosmological constant ⇔ Dark energy ⇔ Energy of virtual particles・・・Unresolved problem
・Vacuum energy behaves equivalent to the cosmological constant.(1967 Yakov Borisovich Zel'dovich)
・However, unfortunately, against empty space, the estimated value of the energy on the virtual particles are 120 orders of magnitude greater than all of the other energy in the universe!


【References】
[1] Wikipedia:宇宙
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99#.E5.AE.87.E5.AE.99.E3.81.AE.E6.88.90.E5.88.86
[2] A Universe from Nothing. Lawrence M. Krauss -2012

10 宇宙を構成するもの 【宇宙とは】宇宙との対話

10 宇宙を構成するもの 【宇宙とは】宇宙との対話

10-1宇宙を構成するもの [1]
(1)物質・・・・・・・・・・・・宇宙質量の 4.83%
    ・重元素    :0.03%
    ・ニュートリノ :0.3%
    ・星      :0.5%
    ・水素・ヘリウム:4%
(2)エネルギー・・・・・・・・・宇宙質量の0.17%
(3)暗黒物質(ダークマター)・・・宇宙質量の26.8%
・暗黒物質は重力を観測して検出することが可能
・暗黒物質には、電流・磁力がない。
(4)暗黒エネルギー(ダークエネルギー)・・・・・・・宇宙質量の68.3%
・現在観測されている宇宙の加速膨張や、宇宙の大半の質量が正体不明であるという観測事実を説明するための仮説的なエネルギー。
    (ホーキングは真空エネルギーではないかと思っている。)

10-2 物質の総量の観測 [2]
○宇宙に存在する物質の総量は、重力レンズ効果と、銀河団のX線放射の測定から推定されている。(p.76)
・銀河団の総質量は、X線を放出させる銀河団内のガスの温度と結びついている。(p.77)

10-3 仮想粒子[2] (p.112)
:観測されることはないが、計算上では想定される(= virtual)粒子。
・場の量子論に従い粒子(素粒子)間の反応を計算する際には、仮想粒子の実在を考慮することによって、正しい答えが得られる。
・例えば、水素原子のスペクトルの微細構造を高い精度で計算できる。(p.113)
・電磁気力は光子と仮想光子により媒介される。
・・・電磁気の量子論によれば、静電場が生じるのは、荷電粒子が、エネルギーがゼロであるような仮想粒子を放出していることによる。
・・・エネルギーゼロの粒子は、消滅することなく宇宙の果てまででも進むことができる。(p.221)
※エネルギーがゼロであるような粒子が放出されても、エネルギー保存則は破られない。(p.234)

・また、陽子や中性子の内部では、クォーク間に働く強い力を伝えるグルーオンと仮想グルーオンが絶えず生まれたり消えたりしている。

○仮想粒子の特徴
・極短い時間、何もないところから生成されたり消滅したりする。
・極短い時間、エネルギー保存則を破る様な現象が起きる。
・プラスの電荷の物質とマイナスの電荷の物質が対になって生じる。

○仮想粒子のエネルギーの計算 [2] (p.118)
仮想粒子のエネルギーは次の式で計算できる。また、計算結果は測定値と一致する。
仮想粒子のエネルギー=全エネルギー - 実粒子のエネルギー
※実粒子:実在粒子を、実粒子と仮想粒子に二分して考える。
※計算方法
 ・仮想粒子は無限小の時間で消滅する。
 ・ある系のエネルギーの測定値は、測定時間の長さに反比例する。
 ・従って、無限小の時間で消滅する粒子は無限大のエネルギーを持つ。
 ・無限大の全エネルギーと実粒子のエネルギーを引き算すると有限な値を仮想粒子のエネルギーとして得られる。

○真空エネルギー ⇔ 宇宙定数 ⇔ ダークエネルギー ⇔ 仮想粒子のエネルギー・・・未解決問題 [2] (p.120)
・真空エネルギーは宇宙定数と同等に振る舞う。(1967年 ヤーコフ・ゼルドヴィッチ)
・しかし、残念なことに、仮想粒子が空っぽの空間に及ぼすエネルギーの推定値は、宇宙における他のすべてのエネルギーよりも120桁も大きくなる!


【参 照】
1. Wikipedia:宇宙
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99#.E5.AE.87.E5.AE.99.E3.81.AE.E6.88.90.E5.88.86
2. 「宇宙が始まる前には何があったのか?」ローレンス・クラウス(2013年11月刊)

9 The size of the Universe+Expansion of the universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

9 The size of the Universe+Expansion of the universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

・The size of the universe is more than 93 billion light-years(ly). [1]                        ・・・0.92×10ˆ11
・Surface that the universe is expanding at the speed of light[2]
・・・0.36×10ˆ11
・Distance to the Andromeda Galaxy(the nearest galaxy) is about 2.5 million ly      ・・・2.5×10ˆ6
・By the way, the disk of the Milky Way galaxy is about 100 000 ly in diameter.                           ・・・1×10ˆ5
・Distance to the nearest star                ・・・4×10ˆ0
・Solar system is about 100,000 ly in diameter.    ・・・0.6×10ˆ-3
・Distance to the Sun from the Earth            ・・・1.6×10ˆ-5
・Diameter of the sun              ・・・1.5×10ˆ-7
・The Earth is about 13,000 km in diameter.  ・・・1.4×10ˆ-12
・Human height is about 1.7m.              ・・・1.8×10ˆ-16
(The length of the DNA in the cell of the human is 1.8 m.)
・The size of human cells is about 15μm.         ・・・1.6×10ˆ-21
・The size of the atom                   ・・・1×10ˆ-26
・The sizeof hadron (proton, neutron) ・・・1×10ˆ-31
☆The size of the atom and the nucleus is different enough human height and cell. So, the nucleus is not visible even look at the atom. (If atom is to be the size of Earth, nuclei is baseball field size, and electrons is smaller than ball.)
・The length of "String" and "other seven spatial dimensions" contemplated in the superstring theory                    ・・・1×10ˆ-51

☆If the reference unit of the size of the universe is the speed of light, the size of the parallel universe is about 1×10ˆ51ly.
☆It may be there are the 82nd power piece of 10 universe in the parallel universe.

【Reference】
1. Wikipedia: 観測可能な宇宙(The universe/Japanese)
2. The galaxies, 18 billion light-years more distant from the observer, go far off beyond the speed of light. So we can not observe them.

8 Address of the Earth in the Universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

8 Address of the Earth in the Universe【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

Somewhere in the parallel universe
並行宇宙
矢印
19 並行宇宙
矢印
Address of the Earth in the universe:the "local group of supercluster, Virgo galaxies, local galaxies (Milky Way), Orion Arm, Solar system, third planets."
The universe with Milky Way

宇宙
※ Radius of the observable universe is about 45 billion light-years. ( The theoretical value calculated from redshift.)
Space beyond that area, does not know whether infinite or finite.
※ The number of galaxies is about one trillion.
※ The end of the universe is moving away from Earth at a rate of about 3.5 times the speed of light. (Which appears to be viewed from any galaxy, other galaxies are uniformly distributed, as moving away at a speed proportional to the distance)
矢印
Milky Way galaxy
銀河系
矢印
The Disk of the Milky Way
※ The shape of the Milky Way galaxy is the disk about 100,000 light-years in diameter, and 15000 light-years in thickness.
※ In the Milky Way galaxy, there are about 200 billion~400 billion stars.
銀河系(ディスク)
矢印
The solar system
太陽系
※ The most inner orbital is the orbit of Mars.
※ Reference:Wikipedia “Solar System”

9 宇宙の大きさ【宇宙とは】宇宙との対話

9 宇宙の大きさ【宇宙とは】宇宙との対話

・宇宙の大きさ直径約930億光年以上。[1]       ・・・0.93×10ˆ11
・宇宙が光速で膨張している面 [2] ・・・0.36×10ˆ11
・一番近いアンドロメダ銀河までの距離は約250万光年    ・・・2.5×10ˆ6
・天の川銀河のデイスクの直径は約10万光年         ・・・1×10ˆ5
・一番近い恒星までの距離は約4光年             ・・・4×10ˆ0
・太陽系の直径は、0.6×10のマイナス3乗光年       ・・・0.6×10ˆ-3
・地球から太陽までの距離は、1.6×10のマイナス5乗光年  ・・・1.6×10ˆ-5
・太陽の直径は、約1.5×10のマイナス7乗光年       ・・・1.5×10ˆ-7
・地球の直径は約13,000km=1.4×10のマイナス12乗光年 ・・・1.4×10ˆ-9
・人間の身長は約1.7m=1.8×10のマイナス16乗光年 ・・・1.8×10ˆ-16
 (人間のひとつの細胞中のDNAの長さは1.8メートル。)
・人間の細胞の大きさは約15μm=1.6×10のマイナス21乗光年
・・・1.6×10ˆ-21
・原子の大きさは10マイナス10乗メートル
=10のマイナス26乗光年               ・・・1×10ˆ-26
・ハドロン(陽子・中性子)の大きさは10マイナス15乗メートル
=10のマイナス31乗光年               ・・・1×10ˆ-31
○原子と原子核の大きさは、人間の身長と細胞ほどに違う。だから、原子を見ても原子核は見えない。(原子が地球の大きさだとすると、原子核は野球場の大きさ、電子はボールより小さい。)
・超弦理論で想定する「ひも」と「他の7個の空間次元」の大きさは10のマイナス35乗メートル
=10のマイナス51乗光年               ・・・1×10ˆ-51

☆仮に光速が宇宙の大きさの基準単位であり、大きさについて宇宙は対照的と考えると、並行宇宙の大きさは、10の51乗光年かもしれない。     ・・・1×10ˆ51
☆この場合、並行宇宙が平坦にかつ密に広がっているとすると、並行宇宙には天の川銀河のある宇宙相当の宇宙が、10の82乗個あることになる。

【参 考】
[1] Wikipedia:観測可能な宇宙
[2] 観測者から180億光年以上離れた銀河は光速を超えて遠ざかるため、観測できなくなる。

8 宇宙における地球の住所 【宇宙とは】宇宙との対話

8 宇宙における地球の住所 【宇宙とは】宇宙との対話

並行宇宙の中の某所
並行宇宙
矢印
19 並行宇宙
矢印
銀河系のある宇宙の中での地球の住所は、「局部超銀河団 おとめ座銀河団 局部銀河群 銀河系(天の川銀河) オリオン腕 太陽系 第3惑星」。

銀河系のある宇宙
宇宙
※観測可能な宇宙の半径は約450億光年。(赤方偏移から計算された理論上の値)
 その領域を超える宇宙は、有限なのか無限なのか分かっていない。
※銀河の数は、約1兆個。(10の12乗個)
※宇宙の果ては光速の約3.5倍の速度で地球から遠ざかっている。(いずれの銀河から見ても、他の銀河が一様に分布していて、その距離に比例した速度で遠ざかっているように見える。)
矢印
天の川銀河(Milky Way galaxy)
銀河系
矢印
銀河系のディスク
※天の川銀河の形状は、直径は約10万光年、厚さ1.5万光年のディスク。
※天の川銀河には、約2000億個の恒星がある。
※銀河の中央には巨大なブラックホールがある。
銀河系(ディスク)
矢印
太陽系
太陽系
※一番内側が火星の軌道。
参照:Wikipedia「オールトの雲」

2016年1月27日水曜日

7 Solar System【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

7 Solar System【What is the Universe?】Dialogue with the Universe

・The solar system is considered to be located about 25,000 ~28,000 light years away from the center of the Milky Way(100,000 light years in diameter).
• There are 200 billion stars in the Milky Way galaxy.
• The solar system is orbiting in the galaxy at a speed of 220km / s, for about one orbiting of the galaxy about 226 million years.
Source: 太陽系-Wikipedia
・Revolution speed of the Earth is 30km per second.

・The brightness of the sun was only about 70% of the current in 4.6 billion years ago when the solar system was born, that has been increasing the brightness gradually thereafter.
・The sun continues to increase the brightness at a rate of 1% in about 100 million years now.
Source: スノーボールアース-Wikipedia

太陽系
※ The most inner orbital is the orbit of Mars.
※ Reference:Wikipedia “Oort cloud”

7 太陽系 【宇宙とは】宇宙との対話

7 太陽系 【宇宙とは】宇宙との対話

・太陽系は、直径約10万光年ある天の川銀河の中心から26,100光年ほどの位置にあると考えられている。
・天の川銀河には、約2000億個の恒星がある。 
・太陽系は秒速240km程度の速度で銀河系内を周回しており、約2億2600万年で銀河系内を1公転する。
出典:太陽系-Wikipedia
・地球の公転速度は秒速30km.

・太陽の明るさは、太陽系が生まれた46億年前には現在の約70%しかなく、その後徐々に明るさを増してきている。
・太陽は現在でも約1億年で1%の割合で明るさを増し続けている。
出典:スノーボールアース-Wikipedia

太陽系
※一番内側が火星の軌道。
参照:Wikipedia「オールトの雲」

6 Aurora(version4) 【Prologue】Dialogue with the Universe

6 Aurora(version4) 【Prologue】Dialogue with the Universe

Rather than seeing the aurora, it is important thing to know.

6 オーロラ(その4)

6 オーロラ(その4)【プロローグ】宇宙との対話

6 オーロラ(その4)【プロローグ】宇宙との対話

大事なことは、オーロラを見ることではなく、知ることなのです。

6 オーロラ(その4)

5 Aurora(version3) 【Prologue】Dialogue with the Universe

5 Aurora(version3) 【Prologue】Dialogue with the Universe

A person who challenges and does not give up can see the aurora.

☆Be who you are. Explore yourself more and more to become your own ultimately, and you express it, the expression becomes word of God.

☆There is no need to lament that without talent, it must be afraid without enthusiasm.

It’s best to do one thing really, really well. -Google

5 オーロラ(その3)

5 オーロラ(その3)【プロローグ】宇宙との対話

5 オーロラ(その3)【プロローグ】宇宙との対話

挑戦し、あきらめない者がオーロラを見ることができる。

「自分らしくあれ」・・・「どんどん自分をつきつめて自分になって、そしてそれを表現していくと、その表現は神の言葉になる」横尾忠則( 1936 - )

才能なきことを憂うる必要はないが、熱意なきことをおそれなくてはならない。-本田宗一郎

「いちずに一本道 いちずに一つ事」相田みつを(1924-1991)

5 オーロラ(その3)

2016年1月26日火曜日

4 Aurora(version2) 【Prologue】Dialogue with the Universe

4 Aurora(version2) 【Prologue】Dialogue with the Universe

There is something which disappears when it is exposed to flames of passion, as Aurora.

4 オーロラ(その2)

4 オーロラ(その2)【プロローグ】宇宙との対話

4 オーロラ(その2)【プロローグ】宇宙との対話

オーロラのように、情熱の炎をむき出しにすると見えなくなるものがある。

4 オーロラ(その2)

3 Aurora(version1) 【Prologue】Dialogue with the Universe

3 Aurora(version1) 【Prologue】Dialogue with the Universe

Truth and Love and Happiness is what we see it approaches the brink of death(like polar regions;cold and dark) ,as Aurora.

3 オーロラ(その1)

3 オーロラ(その1)【プロローグ】宇宙との対話

3 オーロラ(その1)【プロローグ】宇宙との対話

真理や愛や幸福はオーロラのように死の淵(:暗く寒い極地)に近づくほど見えてくるものなのです。

3 オーロラ(その1)

2 The Important Thing【Prologue】Dialogue with the Universe

2 The Important Thing【Prologue】Dialogue with the Universe

・The important thing is that people is bestowed the ability to interact with the universe !
・By interacting with the universe, we can live in the space-time of infinite multiples of our lifetime.

☆The meaning in which the intelligence exists is to create the meaning.

2 大事なこと(花火)

2 大事なこと 【プロローグ】宇宙との対話

2 大事なこと 【プロローグ】宇宙との対話

・大事なことは人が宇宙と対話する力を授けられていること!
・宇宙と対話することで、一個人でもその生涯の無限倍の時空を生きることができる。

☆知性が存在する意味は、その存在に自ら意味を与えることである。

2 大事なこと(花火)

2016年1月25日月曜日

1 “Dialogue with the Universe”【Prologue】Dialogue with the Universe

1 “Dialogue with the Universe”【Prologue】Dialogue with the Universe

・In this corner I am talking about the universe, sophia and life, and explore their future.
・Since I intend to go little by little, please read the latest version.

☆Be positive, do it positive, give the positive!

宇宙

1 「宇宙との対話」【プロローグ】宇宙との対話

1 「宇宙との対話」【プロローグ】宇宙との対話

・「宇宙との対話」では、宇宙、知性、人生についてつぶやきます。
・少しずつ充実させていきますので、最新版を読んでいただければと思います。

☆ポジティブに、ただポジティブにポジティブに!

宇宙

98 To the Future!【Summary】Dialogue with the Universe

98 To the Future!【Summary】Dialogue with the Universe

in 2018
・Canon seeks fully automated facility - ECONOMICS
http://asia.nikkei.com/Business/Companies/Canon-seeks-to-fully-automate-camera-factories-in-Japan
・One-chip computer with the ability to exceed the human brain will be born. [1]
2030  Computer with a comparable human intelligence will emerge. [2]
2040  One-chip computer will have a capacity of 100 000 times the human brain. [1]
2045  Artificial intelligence is beyond the human in terms of knowledge and intelligence. Mankind technological progress prediction of the past no longer apply.
(=Technological singularity(2005年 Ray Kurzweil (1948- ))[3]
2045~2100  Fusion power plant construction [4]
100 years later   Mankind manages the total energy of the earth and colonizes in the vicinity of the planet. [5]

100 million years later Mass extinction by volcanic activity occurs. [6][6]’
Billion years later Solar luminosity increase more than 10%.[9]
2 billion years later  Earth's oceans have dried up. (Evaporated water will diffuse out of the earth) [9]
3 ~4billion years later There may be Andromeda galaxy and our Milky Way galaxy (2.5 million light years away now) collision.
(If they collide, the chance of individual stars colliding with each other is extremely low.) [7][8][9] [10]
5 billion years later  The sun has become a red giant. [9]
10 billion years later  The life of the sun [9]

Trillions of years away The universe will continue to expand forever, would fully cold. [11]

☆The meaning in which the intelligence exists is to create the meaning.
☆The important thing for the intelligence is to spread its own idea.

☆Be positive, do it positive, give the positive!

Creating is the essence of life.-Julius Caesar(B.C.100- B.C.44)

【References】
[1] Softbank new 30-year vision(2010)
[2] The independent
http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/computers-to-match-human-brains-by-2030-782978.html
[3] Wikipedia:Technological_singularity
https://en.wikipedia.org/wiki/Technological_singularity
[4] No.72 The future of fusion power
[5] Michio Kaku / New York incandescent classroom " Amazing prophecy of "Theory of Everything;TOE"" 20150403
[6] The FUTURE is WILD/2003 BBC
[6]’ The Future is Wild - EP 1: Welcome to The Future ... - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=w0kzMmcTS8I
[7] Wikipedia:Timeline of the far future
[8] Wikipedia:Milky Way
[9] Information is Beautiful
http://www.informationisbeautiful.net/visualizations/timeline-of-the-far-future/
[10] The Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics (CfA)
/When Galaxies Collide, our Solar System Will Go for a Ride
https://www.cfa.harvard.edu/news/2007-14
[11] No.87 Future of the Universe

☆LIFE
Although it is good to be principle, it will not work well if only principle.
It will have failed, if you think that it succeeded.
It has succeeded, even if you think that it failed.
It has lost, if you think that it won.
It won, even if you think that it lost.
It becomes the wrong even if you regard it as the good, it becomes the good even if you regard it as the wrong.
Even if you regard it as there being something, it is nothing to speak of.
Some are great even if you regard it as there being nothing.

☆Life begins always.

98 未来へ!【まとめ】宇宙との対話

98 未来へ!【まとめ】宇宙との対話

2018年 
・カメラ生産、完全自動化へ―キヤノン
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000067-jij-bus_all
・人間の脳を超える能力をワンチップのコンピュータが持つに至る。[1]
2030年 人間並みの知能を持ったコンピュータが出現する。[2] [3]
2040年 人間の脳の10万倍の能力をワンチップのコンピュータが持つに至る。[1]
2045年 人工知能が知識・知能の点で人間を超越し、これまでの人類技術進歩予測は通用しなくなる。(技術的特異点)[4]
2045~2100年 核融合発電所を建設 [5]
100年後 地球の全エネルギーを管理し、近くの惑星に植民する。[6]

1億年後  火山活動による大量絶滅 [7]
10億年後、太陽の光度が10%以上増加する。[8]
20億年後、地球の海は干上がっている。[9]
30億年後、我々の天の川銀河とおそよ250万光年離れているアンドロメダ銀河が衝突する。[9] 
(2個の銀河が衝突しても太陽やその他の恒星が互いに衝突する可能性は低い)
50億年後、太陽は、赤色巨星となっている。[10]

数兆年先 宇宙は永遠に膨張を続け、冷え切ってしまう。[11]

☆知性が存在する意味は、その存在に自ら意味を与えることである。
☆知性にとって大事なことは、自らのアイデアを広めることだ。

☆ポジティブに、ただポジティブにポジティブに!

創造こそ生の本質なのだ。-ユリウス・カエサル(B.C.100- B.C.44)

出典:
[1]ソフトバンク新30年ビジョン(2010年6月)
[2]Wikipedia 人工知能の歴史
[3]「大脳皮質とベイジアンネット」一杉裕志
  http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/besom/29_412.pdf
[4]Wikipedia 技術的特異点
[5] No.72 核融合発電
[6] ミチオ・カク/ニューヨーク白熱教室「『万物の理論』の驚くべき予言」20150403
https://www.youtube.com/watch?v=EWXNFhCuwXI
[7] Wikipedia:フューチャー・イズ・ワイルド
[7]’ The Future is Wild - EP 1: Welcome to The Future ... - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=w0kzMmcTS8I
[8] Wikipedia:Timeline of the far future
[9] AstroArts どうなる、太陽系の遠い未来
http://www.astroarts.co.jp/news/2007/06/01galaxies_collision/index-j.shtml
[10] Youtube/50億年後の太陽
https://www.youtube.com/watch?v=heJGtkQp3RY
[11] No.87 宇宙の未来

☆人生
こだわることもいいが、こだわるだけだと苦しくなる。
成功したと思ったら失敗している。
失敗したと思っても成功している。
勝ったと思ったら負けている。
負けたと思っても勝っている。
善と思えば悪となり、悪と思えば善となる。
何かあると思っても大したことない。
何も無いと思ってもえらいもんがある。

☆人生はいつも始まり

97 Summary/Future of the universe and the intelligence【Summary】Dialogue with the Universe

97 Summary/Future of the universe and the intelligence【Summary】Dialogue with the Universe

We've been exploring the future of the universe and the intelligence.
Here is the summary.

○Future of the Universe
・Our universe will continue expansion, becomes cold, and galaxies and stars soon are likely to welcome the death.
• Therefore, mankind should escape to any parallel universe, but it is impossible to move the body to the parallel universe.
• Only one hope is communication between parallel universe.
• If we could use the quantum teleportation between parallel universe, we will be able to send the information of DNA and intelligence.
• In order to obtain the intellectual and material resources for the communication with the parallel universe, development of the universe is also necessary.

○Future of the intelligence
・We will produce growing AI (: GAI) .
- The brain is the most advanced structures in the universe, so the intelligence will develop in a way that the brain and the GAI was network.

・The important thing for the intelligence body is the lore of the miracle that it was born and has been developing in this universe.
• Therefore, intelligence body is necessary to pursue the possibility of communication with the parallel universe until the moment of the death of the universe.

☆There is hope! Do not give up!!

97 まとめ/宇宙と知性の未来【まとめ】宇宙との対話

97 まとめ/宇宙と知性の未来【まとめ】宇宙との対話

ここまで宇宙と知性の未来を探ってきた。
ここでまとめてみよう。

○宇宙の未来
・私たちの宇宙は膨張を続け冷たくなり、銀河や星たちはやがて死を迎える可能性が高い。
・従って、人類は並行宇宙に脱出したいところだが、肉体を並行宇宙に移動させることは不可能だ。
・唯一の希望は、並行宇宙間の交信だ。
・並行宇宙間で量子テレポテーションを使うことができれば、DNAや知性の情報を送ることができるだろう。
・並行宇宙との交信のための知的・物質的資源を得るためには、宇宙の開拓も必要である。

○知性の未来
・人間は成長するAI(:GAI)を生み出す。
・脳は宇宙で最も高度な構造体であることから、知性は脳とGAIがネットワークした姿で発達するだろう。

・知性体にとって大事なことは、宇宙に知性が生まれ発展してきた奇跡を伝承することだ。
・従って、知性体は宇宙の死の瞬間まで並行宇宙との交信の可能性を追求する必要がある。

☆希望はある! あきらめてはいけない!!

2016年1月24日日曜日

96 Communication with the alien【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

96 Communication with the alien【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

96―1 Technology level [1]

Level 1 To capture the signal emitted of the alien advanced than humanity.
Level 2 We also emit signals, and communicate with the aliens.

※Symmetrical region:Including a parallel universe.
※Communication with parallel universe is assumed to use gravitational wave.

<Current situation>
Although observations have been made since the 1960s, there is no concrete result.

96-2 Communications content: What should tell?

○Important is to transmit the idea.
○The idea to be transmitted
1 Communication technology
2 Achievements of mathematics and physics
3 Cosmology and Intelligence Theory
4 Other

【Referende】
[1] Wikipedia:Search for Extra-Terrestrial Intelligence (SETI)

96 宇宙人との交信

96 宇宙人との交信

96―1 技術レベル [1]

レベル1 人類より進んだ宇宙人の発した信号を捕らえる。
レベル2 人類からも信号を発し、宇宙人と交信する。

※対象領域:並行宇宙を含む。
※並行宇宙との交信は重力波を用いるものと想定される。

<現状>
1960年代から観測が行われているが、具体的な成果は無い。

96-2 交信内容:何を伝えるべきか?

○重要なのはアイデアを伝えること。
○伝えるべきアイデア
1 交信技術
2 数学・物理学の成果
3 宇宙論・知性論
4 その他

【参 考】
[1] Wikipedia:地球外知的生命体探査(Search for Extra-Terrestrial Intelligence SETI(セティ、セチ))

95 About the future of intelligence【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

95 About the future of intelligence【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

1) If the intelligence is substance dependence, since the escape from the solar system is difficult, I've been exploring for intelligence that does not depend on the substance.
2) However, I began to think the role of mankind to create the GAI [1]and to send out the GAI to the parallel universe not only outside the solar system.
3) When GAI has expanded into the universe, would they stick to move?

・・・The answer of Question 3) will come known to human beings begin to Mars travel.
・・・And, GAI’s answers?

☆ The important thing for the intelligence is to spread its own idea, and to communicate between the parallel universe rather than escape from the universe.
☆ Communication between the parallel universe would be done by GAI.

☆ Do not need to stop thinking. This is because, since we are already GAI of level2 .

【Reference】
1. GAI:Growing Artificial Intelligence No.34,No.39,No.40

☆Level of intelligence
 Level1  Frontal lobe of the brain to judge and create.
 Level2  Brain is using artificial intelligence to auxiliary. (The current)
 Level3  Brain and artificial intelligence do judgment and creativity together.

95 知性の未来について【知性を探る】宇宙との対話

95 知性の未来について【知性を探る】宇宙との対話

1)知性が物質依存である場合は、太陽系脱出は難しいことから、物質に依存しない知性について探ってきた。
2)しかし、人類の役割はGAI[1]を生み出すことと、GAIを太陽系外だけでなく並行宇宙にまで送り出すことと考えるようになった。
3)GAIは物質依存であるが、彼らが宇宙に拡大した時、移動にこだわるだろうか?

・・・3)の疑問については、人類が火星に行くようになると分かってくるのではないか。
・・・また、GAIとなった知性は、どう考えるのか?

☆知性にとって大事なのは自らのアイデアを広めることであり、この宇宙からの脱出ではなく並行宇宙間のコミュニケーションである。
☆並行宇宙間のコミュニケーションは、GAIによって行われるだろう。

☆思考を止める必要はない。なぜなら、我々はすでにレベル2のGAIなのだから。

【参 照】
1.GAI:成長できる人工知能 No.34、No.39、No.40

☆知性のレベル
 レベル1 脳の前頭葉が判断・創造している。
 レベル2 脳が人工知能を補助的に使っている。(現在)
 レベル3 脳と人工知能が一体となって判断・創造している。

94 About the motivation (avarice) for intellect?【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

94 About the motivation (avarice) for intellect?【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

94-1 Brain
○Your pain is my gain.
・Feelings of envy is related brain sites for anxiety, such as the anterior cingulate cortex. [1] [2]
・・・Reward system works.:Stronger striatum activation were induced when misfortunes happened to envied persons.
・・・It works also in increasoing of your money, in donating, in turning on the brand-name products in your hand.

・Now that these feelings in the course of evolution is not lost, it is supposed to have been a plus to something human life. If you think for example about envy, it is tied to the impulse to try to have the superiority in effort. [3]

・First of all there is no envy if there is no self-consciousness.
☆Healthy and fulfilling life can be obtained by positive controlling both pleasure desire (brand, money, status, etc.) and jealousy.

94-2 Control of motivation
・Maintenance of motivation is a subject for the improvement(evolution) in intelligence . Avarice is a kind of motivation, but intelligence and avarice is a different thing.
・Then, what kind of avarice should objects with intelligence have?It is thought that it is required.
・Avarice of liking to build the more advanced backup organization for self-preservation in the first place.
・Avarice of liking to build a network and communication with various objects with intelligence in Clouds of intelligence the second.
・And probably, the objects with intelligence with these two avarice tends to expand Cloud of intelligence to the universe, maintaining a network and communication with others.

☆It being important for the intelligene is growing up.  

○So,I wonder intelligence will be maintained in any way? How to build network?
• Intelligence would be maintained by a complex brain and artificial intelligence (i.e. growing artificial intelligence (GAI)), and it would be to build the network.
・And, in the future, it is necessary to be able to escape from not only our galaxies but also this outer space.

☆ To produced the GAI and to be sent it out to the parallel universe is the role of human beings.

【参 考】
[1] Yuuji Ikegaya, Usagi Nakamura(2012) Brain is so seductive 池谷裕二・中村うさぎ「脳はこんなに悩ましい」
[2]Takahashi, Kato, Matsuura, Mobbs, Suhara, Okubo. (2009) When your gain is my pain and your pain is my gain: neural correlates of envy and schadenfreude. Science.
http://classic.sciencemag.org/content/323/5916/937.long
[3] Kimihiro Yoneyama(2015) The brain produces a willingness of Job but rejoice the misfortune of people 米山 公啓「人の不幸を喜ぶ脳が、仕事の意欲を作り出す」
http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/388373/120100013/

94 知性にとってのモチベーション(欲)とは?【知性を探る】宇宙との対話

94 知性にとってのモチベーション(欲)とは?【知性を探る】宇宙との対話

94-1 脳
○「他人の失敗を脳は嬉しがる」・・・「他人の不幸は蜜の味」(p.34)
・他人の不幸を喜んだり嫉妬する感情は、前帯状皮質などの不安に関する脳部位が関係している。[1] [2]
・・・報酬系 reward system(線条体)が働く。
・・・所持金が増えた時、寄付した時、ブランド品を手に入れた時などにも。

・進化の過程でこれらの感情が失われていないからには、何か人間の生活にプラスになっているはず。例えば妬みについて考えれば、努力して優位性を持とうとする衝動に結びつく。[3]

・そもそも自己意識が無ければ嫉妬も無い。
☆快楽欲求(ブランド、お金、地位など)や嫉妬(モチベーション)をポジティブにコントロールすることで、健康で充実した生活が得られる。

94-2 モチベーションのコントロール
 ・知性のレベルアップ(進化)にとってモチベーションの維持が課題である。欲はモチベーションの一つだが、知性と欲は別物である。
 ・では、知性体はどのような欲を持つべきなのだろうか?
 ・一つ目には、自己保存のためのより高度なバックアップ体制を構築したいという欲。
 ・二つ目には、知性のクラウド(雲)内において、多様な知性体とのネットワークとコミュニケーションを構築したいという欲が必要と考えられる。

 ・そして、この二つの欲を持った知性体は、他の知性体とのネットワークとコミュニケーションを維持しつつ、知性のクラウドを宇宙に拡大しようとするだろう。

☆知性にとって大事なことは成長することだ。 

○では、知性はどのように維持され、ネットワークを構築するのか?
・知性は脳と人工知能の複合体、すなわち成長する人工知能(GAI)により維持され、ネットワークを構築することになる。
・また、将来的には、銀河だけでなく、この宇宙からも脱出できるようになることが必要。

☆GAIを生み出し、並行宇宙に送り出すことが、人間の役割。

【参 考】
[1] 池谷裕二・中村うさぎ「脳はこんなに悩ましい」(2012)
[2]Takahashi, Kato, Matsuura, Mobbs, Suhara, Okubo. (2009) When your gain is my pain and your pain is my gain: neural correlates of envy and schadenfreude. Science.
http://classic.sciencemag.org/content/323/5916/937.long
[3] 米山 公啓 (よねやま きみひろ)「人の不幸を喜ぶ脳が、仕事の意欲を作り出す」 (2015)
http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/388373/120100013/

2016年1月23日土曜日

93 What is Intelligence?【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

93 What is Intelligence?【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

<Matters you know>
・ In the Universe there are Substance, Dark Matter and Intelligence.
・ Intelligence arose from Substance and Dark Matter.
・ Intelligence is able to capture Substance and Dark Matter.
・ Intelligence is present locally.
・ Intelligence may regress.

<Those can be inferred>
・ Intelligence is composed of Qualitative Sophia, Energetic Sophia and Photon of Sofia.
・ Photon of Intelligence has infinite speed.
・ Therefore, we can be inferred that Energetic Intelligence is far greater than Qualitative Intelligence.
・Nevertheless, the reason why Intelligence may regress is that Attractive force acting between Intelligence is in accordance with the following formula.
Fs=Gs・ma・mb/m-th power of L(m is more than three)
(Fs:Attractive force acting between Intelligence、Gs:gravitational constant of Intelligence、ma・mb:Intelligence amount、L:distance)
・ From the above, we can estimate that there is hole (Intelligence Hole) in Intelligence as like as there is Black hole in Substance.
・Also, Intelligence is possible to capture Dark Matter and Substance, so it is inferred that Intelligence is a wave across them.

<Challenges of Intelligence>
・For future development of Intelligence we need to suppress the occurrence of Intelligence Holes
due to an increase(integrated) in Intelligence.
・For this purpose, it is necessary to increase Energetic Intelligence.
・And for this purpose, it is necessary to maintain motivation and to create.
・Intelligent life forms, including humans, can contribute to this.

93 知性とは何か?【知性を探る】宇宙との対話

93 知性とは何か?【知性を探る】宇宙との対話

<分かっていること>
・宇宙には、物質、暗黒物質、知性が存在する。
・知性は物質と暗黒物質から発生した。
・知性は物質と暗黒物質をとらえることができる。
・知性は偏在する。
・知性は退縮する場合がある。

<推測できること>
・知性は質的な知性(=知質)とエネルギー的な知性(=知性エネルギー)、知性光で構成される。
・知性光は、無限の速度を持っている。
・知性光が無限の速度を持っていることから、知性エネルギーは知質より圧倒的に大きいことが推測される。
・ にもかかわらず、知性が退縮するのは、知性間に働く引力が、
Fs=Gs・ma・mb/Lのm乗(mは3以上)
(Fs:知性間の引力、Gs:知性の引力定数、ma・mb:知性量、L:距離)
で表されるものであるためと推測される。
・ このことから、知性には、物質にブラックホールが存在するように、知性の穴(Intelligence hole)が存在するものと推測できる。
・ また、知性は、物質及び暗黒物質をとらえることができることから、物質・暗黒物質にまたがる波動であると推測される。

<知性の課題>
・ 知性の発展的な将来のためには、知性の増大・集積に伴う知性の穴(:インテリジェンス・ホール)の発生を抑制することが課題となる。
・ インテリジェンス・ホールの発生を抑制するためには、知性の増大・集積をコントロールしつつ、知性エネルギーを増大させる必要がある。
・ 知性エネルギーの増大のためには、モチベーションの維持・創造が必要である。
・ 人間を含む知的生命体は、モチベーションの維持・創造に貢献できる。

92 Creativity【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

92 Creativity【Exploring intelligence】Dialogue with the Universe

○Creation is work which extracts a significant thing out of assumption which exists infinitely.
・In order to create efficiently, a network with various intellect objects and construction of communication are required.

○ Network Power - Anne-Marie Slaughter (1958-)
・In 20th century, the country that connect the most world is the strongest.
・It is the next game.
1) How to tie with most of other actors.
2) How to organize them and produce maximum effect.
・In the network power is spread, the society which is rich in flexibility and adaptability is the most advanced society.
・From the point of view of diversity, it is important that society is open.
○To enhance the creativity
【Reference】「僕がアップルで学んだこと」松井博(2012年4月刊)
(1) Simple-minded (p.042)
・Minimization of rules to protect (p.047)
・Put a hand from where it can be organized. (p.048)
・・・Always tidy. (p.111)
・・・Preparation and execution and cleanup (p.116)
・・・Successful experience, failure experience, honor greed and sense of inferiority let throw away as soon as possible. (P.204)
・・・Clarify the "do it" and the "can not do it". (p.049)
・・・Do not ask for excessive quality. (p.084)
・・・Know the strengths and weaknesses. (p.051)
(2) Defines the clear concept, and design along the definition. (p.055)
・Product development without emphasis on design and concept is easy to structurally cost bulge. (P.076)
(3) Appropriate constraints (p.124)
・・・Too much leeway, creativity fades. (p.128)
 ・・・Since held liable person becomes seriously. (p.121)
(4) Other
・A new idea is born when old idea is abandoned. (p.125)
・Put out a lot of ideas. (p.128)
・Connect the multiple idea. (p.126)
・Ask for the explain until easy to understand.
 ・Change the rhythm. (p.128)

[History of the network]
1965 Theodor Holm Nelson (1937-, US sociologists) made the word "Hypertext" and "Hypermedia".

※ Hypertext is a mechanism for associating a plurality of documents (text) to each other. I was named "hyper-text" in the sense that "more than the text." We say a hyperlink that ties between texts.
※ The most famous of hypertext implementation is World Wide Web.

1989 Timothy John Berners-Lee(1955 - ) developed World Wide Web.
1998 Google established
※Mission Statement:To organize the world's information and make it universally accessible and useful.
2001 Wikipediaga was established.
2003 Massachusetts Institute of Technology (MIT) launched Opencourseware (OCW) that published all of the lecture materials on the web.
2005 YouTube (→ Google) official service started.
※ Tube means "cathode ray tube" (or "TV").
2006 Twitter、Facebook
2007 iPhone
2010 iPad

92 創造力【知性を探る】宇宙との対話

92 創造力【知性を探る】宇宙との対話

○創造とは無限に存在する仮定の中から有意のものを抽出する作業である。
 ・効率的に創造を行うためには、多様な知性体とのネットワークとコミュニケーションの構築が必要である。

○ネットワーク・パワー-アンマリー・スローター(1958-)
・20世紀は最も世界とつながった国が最強となる。
・最も多くの他のアクターとつながりを持ち、それらをどう結びつけて組織化すれば最大の効果が生まれるか、の勝負になる。
・ネットワーク・パワーが広がる中では、柔軟で適応力に富む社会こそがもっとも先進的な社会なのです。
・多様性という観点からは社会が開かれていることが重要なのです。

○ブレインネット

○創造性を高めるには
【参 照】「僕がアップルで学んだこと」松井博(2012年4月刊)
(1)シンプル志向(p.042)
・守るべきルールは最小限に。(p.047)
・整理できるところから手を付ける。(p.048)
・・・常に整理整頓。(p.111)
・・・準備・実行・後始末。(p.116)
・・・成功体験、失敗体験、名誉欲や劣等感などはドンドン手放す。(P.204)
・「やること」と「やらないこと」を明確にする。(p.049)
・・・過剰品質を求めない。(p.084)
・強み・弱みを知る。(p.051)
(2)明快な製品のコンセプトを定義し、その定義に沿ってデザインを練っていく。(p.055)
・デザインやコンセプトを重視せずに行う製品開発は、構造的にコストが膨らみやすい。(P.076)
(3)適切な制約 (p.124)
・・・ゆとりを与えすぎると創造性は萎む。(p.128)
・・・責任を問われるから真剣になる。(p.121)
(4)その他
・新しいアイデアは古いアイデアを捨て去ったところにある。(p.125)
・たくさんのアイデアを出す。(p.128)
・複数のアイデアを結びつける。(p.126)
・トコトン説明させる。(p.127)・・・☆ 分かり易く説明する。
・リズムを変える。(p.128)

【ネットワークの歴史】
1965年 テッド・ネルソン(米国の社会学者)が「ハイパーテキスト(Hypertext)」と「ハイパーメディア」という語を作る。

※ハイパーテキスト:複数の文書(テキスト)を相互に関連付け、結び付ける仕組みである。「テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられた。テキスト間を結びつける参照のことをハイパーリンクと言う。
※最も有名なハイパーテキストの実装はWorld Wide Webである。

1989年 CERNに所属していたティム・バーナーズ=リーは、世界中に分散する別々の大学や研究所で働いている研究者たちが自動的に情報を共有する、という要求に対してWorld Wide Webを開発した。
1998年 Google設立
 ※Googlenの経営理念「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」
2001年 Wikipedia発足
2003年9月 マサチューセッツ工科大学(MIT)が講義教材のすべてをウェブ上で公開するオープンコースウエア(OCW)を立ち上げた。
2005年 YouTube (→Google)公式サービス開始
※Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管」(すなわち「テレビ」)という意味。
2006年 Twitter、Facebook
2007年 iPhone
2010年 iPad

91 My Cosmology/New Cosmology【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

91 My Cosmology/New Cosmology【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

○ Structure of the universe
・If the universe (the Real universe) including the Milky Way galaxy was born from a quantum fluctuation, the universe (the Imaginary universe) including quantum fluctuations is assumed on the outside.
・In the Imaginary universe it can be estimated to exist other universe(Parallel universe) born from quantum fluctuations.

○ From the birth of the Real universe to Big Bang
• If the quantum fluctuation does not exceed the threshold, the resulting pair of substance and antimatter within the fluctuation disappears. = The Real universe is not born.
• When the quantum fluctuation exceeds a threshold value, the symmetry of matter and anti-matter brakes, and antimatter is to rapidly expand the space-time after 1e-36 seconds. ( The size of the Real universe (1e-27m) is much smaller than atom (1e-10m) ⇒3 millimeters (1e-3m): The Inflation: inflation rate is 60-fold of light speed.)
(In the reverse case, the Real universe is not born because space-time collapses.)
- Immediately after that, (1e-36 seconds after → 1e-32 seconds after) substance of high temperature causes the Big Bang.
(The size of the Real universe : 3 mm (1e-3m) ⇒10cm (1e-1m))

○ The Current
・The expansion due to antimatter reduces entropy, and matter is inflated while increasing entropy. (The expansion rate of the Real universe is four times of lightspeed.)
・In the Real universe intelligence is born and growing.

○ The structure of the Real universe
・Since the outside of the Real universe is made up of antimatter, and it is also the same as the outside of parallel universe, they repel each other.
○ Dark model
・Dark matter and dark energy is the gravitational wave from antimatter on the outside of the Real universe.
・Dark matter will have the Dark model contrasting of the standard model of substances.

○ Future of the Real universe
- The Real universe will evaporate at the end of continuing expansion. = Disappearance of the result of a large fluctuation that occurred in the Imaginary universe
• Before evaporation, the outer shell of antimatter in the Real universe will become brittle, and if it conflicts with other parallel universe, both universe will collapse.
・That is, if the matter that was scattered by the collision of the other two parallel universes collides with the outer shell of the Real universe, we might be able to measure it in quantum.

○ Communication between parallel universes
• In this New Cosmology, parallel universes can communicate each other ?

91 My宇宙論/新宇宙論【宇宙を探る】宇宙との対話

91 My宇宙論/新宇宙論【宇宙を探る】宇宙との対話

○宇宙の構造
・天の川銀河のある宇宙(実宇宙)が量子的揺らぎにより無から生まれたとすると、その外側には量子的揺らぎの存在する宇宙(虚宇宙)が存在すると想定せざるを得ない。
・虚宇宙には量子的ゆらぎから生まれた他の宇宙(並行宇宙)が存在するだろう。

○実宇宙の誕生からビッグバン
・量子的揺らぎが閾値を超えなければ、揺らぎの内に生じた物質と反物質は対消滅する。=実宇宙は生まれない。
・量子的揺らぎが閾値を超えると物質と反物質の対称性が破れ、1e-36秒後に反物質が急速に時空間を膨張させる。(原子(1e-10m)よりはるかに小さい実宇宙(1e-27m)⇒3ミリ程度(1e-3m):インフレーション:膨張速度は光速の60倍超)
(これが逆だと時空は潰れてしまうので実宇宙は誕生しない。)
・その直後から(1e-36秒後→1e-32秒後)高温の物質はビッグバンを起こす。
(実宇宙の大きさ:3ミリ(1e-3m)⇒10cm(1e-1m))

○現在
・反物資による膨張はエントロピーを減少させ、物質はエントロピーを増加させつつ膨張する。(実宇宙の膨張速度は光速の4倍)
・その中で知性が誕生し、成長する。

○実宇宙の構造
・実宇宙の外側は反物資であり、並行宇宙の外側も反物質であることから、2つの宇宙は反発する。
○暗黒モデル
・暗黒物質・暗黒エネルギーは実宇宙の外側にある反物質が生み出す重力波である。
・暗黒物質は、物質の標準モデルと対照的な暗黒モデルを持つでしょう。

○実宇宙の未来
・実宇宙は膨張を続け蒸発する。=虚宇宙に生じた大きな揺らぎの結果の消滅
・蒸発する前には、実宇宙の反物質の外殻は脆くなっており、他の並行宇宙と衝突すると、両方の宇宙が崩壊する。
・ということは、他の並行宇宙同士の衝突により飛散した物質が実宇宙の外殻に衝突すれば、量子的にそれを観測できるかもしれない。

○並行宇宙間の交信
・新宇宙論において、並行宇宙同士は交信できるのか?

2016年1月22日金曜日

90 The Speed of Dark Photon【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

90 The Speed of Dark Photon【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

 ・What is Dark Photon?・・・We can estimate that Dark Energy and Dark Matter exists, because Energy and Substance exists.
 ・Here, I calculate the Speed of Dark Photon by formula:E=m×square of c.
   (E:Energy、m:Mass、c:Speed of Photon)
・square of cd/square of c=Ed・m/(E・md)=3/0.035≒100
   (cd:Speed of Dark Photon、Ed:Dark Energy、md:Mass of Dark Matter)
・From the above, we can estimate that Speed of Dark Photon is about 10 times that of Speed of Photon.
・In addition, there is also the possibility of Ed = md × cd.
・In this case, Speed of Dark Photon is estimated about 100 times that of Speed of Photon.

90 暗黒光の速度【宇宙を探る】宇宙との対話

90 暗黒光の速度【宇宙を探る】宇宙との対話

 ・暗黒光(Dark Photon)とは?・・・物質とエネルギーのあるところには光があることから、暗黒物質と暗黒エネルギーがあるところには暗黒光があると推定される。
・ 暗黒光の速度をE=m×cの2乗、の式を用いて計算すると次のとおり。
   (E:エネルギー、m:質量、c:光の速度)
・cdの2乗/cの2乗=Ed・m/(E・md)=3倍/0.035倍≒100
   (cd:暗黒光の速度、Ed:暗黒エネルギー、md:暗黒物質の質量)
・以上のことから、暗黒光の速度は光速の約10倍と推定される。
・ なお、暗黒物質と暗黒エネルギー、暗黒光の速度が、Ed=md×cdの可能性もある。
・ その場合は、暗黒光の速度は光速の約100倍と推定される。

89 Dark Matter and Black Hole【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

89 Dark Matter and Black Hole【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

 ・Dark Energy, is a repulsive force, is present three times per unit of dark matter.
   Ed/md=70%/25%≒3
(Ed=70%:Composition ratio of Dark Energy、md=25%:Composition ratio of Dark Matter)
・On the other hand, Energy as the repulsion in the world of Substance is only 0.035 per Substance.
E/m=0.17%/4.83%=0.035
(E=0.17%:Composition ratio of Energy、m=4.83%:Composition ratio of Substance)
・The difference is about 100 times!
(3/0.035≒100)
・From the above, we can estimate that Dark Matter is difficult to form a Black Hole compared to Substance.

89 暗黒物質とブラックホール【宇宙を探る】宇宙との対話

89 暗黒物質とブラックホール【宇宙を探る】宇宙との対話

・暗黒物質には、斥力である暗黒エネルギーが暗黒物質1単位当たり3倍存在する。
Ed/md=70%/25%≒3
(Ed=70%:暗黒エネルギーの構成比、md=25%:暗黒物質の構成比)
・一方、物質の世界では斥力であるエネルギーは物質1単当たり0.035倍しか存在しない。
E/m=0.17%/4.83%=0.035倍
(E=0.17%:エネルギーの構成比、m=質量の構成比)
・その差は約100倍である!
(3倍/0.035倍≒100倍)
 ・このことから、暗黒物質は物質に比べて、ブラックホールを形成しにくいと推定される。

88 Gravity of Dark Matter【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

88 Gravity of Dark Matter【Exploring the universe】Dialogue with the Universe

・Gravity of Substance is represented by F=G・ma・mb/square of L.
(G:gravitational constant、ma・mb:mass、L:distance)
・Dark matter, despite about5 times presence of Substance, is distributed spherically around the galaxy.
・From the above, assuming Gravity of Dark Matter to be represented by
Fd=Gd・ma・mb/n-th power of L,
n is estimated that less than 1.
   (Gd:gravitational constant of Dark Matter)

88 暗黒物質の重力【宇宙を探る】宇宙との対話

88 暗黒物質の重力【宇宙を探る】宇宙との対話

・物質の重力は、F=G・ma・mb/Lの2乗、で表される。
(G:万有引力定数、ma・mb:質量、L:距離)
・ 暗黒物質は物質の5倍以上存在するにもかかわらず、例えば銀河では、その周辺に球状に分布している。
・ このことから、暗黒物質の重力を、Fd=Gd・ma・mb/Lのn乗、とすると、nは1以下と推測される。
(Gd:暗黒物質の引力定数)

2016年1月21日木曜日

87 Future of the Universe【Past and Future】Dialogue with the Universe

87 Future of the Universe【Past and Future】Dialogue with the Universe

○ Future of the universe is due to curvature of the universe and dark energy. [11]

【Future of the Universe】
○About the future of the universe, three main scenarios considered. [1]

Scenario 1: The universe would continue accelerating forever. Therefore, the Milky Way of solar system would have led to gravitationally combined galaxies with very near. In order to exhaust material gas, there are no longer new stars in these galaxies. There are only leaving remnants of black holes and neutron stars, white dwarf stars.・・・10 ^ 18~10 ^ '25 years after
<If the universe is geometrically flat and dark energy is constant>
k(the geometry of space)=0
Ω=1
Ω:the density parameter=ρ/ρc
ρc:the critical density=9×10^-27(kg/㎥)=3Ho^2/8πG
Ho:Hubble's constant
π:the circumference of a circle divided=3.1415…
G:Gravitational constant=6.67×10^−11 (m^3 kg^−1 s^−2)

Scenario 2: Inflation would slow gradually, over time the expansion will stop. Furthermore, from which the universe starts to shrink, becomes very small and collapses. = "The Big Crunch". ・・・10^27 years after
<If the universe is analogous to a two-dimensional life-form on the surface of a sphere and dark energy decreases>     
k>0、Ω>1
      π is small on large scales, parallel lines will ultimately meet, and the
interior angles of a triangle add up to more than 180 degrees.

Scenario 3: The acceleration of the universe may happen so quickly that galaxies, stars, and eventually atoms will be torn apart, in the so-called Big Rip.[2]・・・10^18~10^25 years after
<If the universe is analogous to a saddle-shape and infinite, and dark energy increases.>
k<0、Ω<1
πis large on large scales, parallel lines diverge, and the interior angles of a triangle add up to less than 180 degrees.

○ Curvature of the universe・・・The Keyword is Friedman
• According to Friedman, curvature of the universe takes three values positive or zero or negative by the amount of materials and energy in the interior of the universe.
・In the three types of expansion of the universe that Friedman revealed, expansion speed becomes either "gradually slow" or "at the same rate". In the universe of negative curvature, finally expansion rate becomes constant, otherwise, the expansion rate will be slow due to gravity of matter inside the universe.
・Curvature of the universe can be obtained by precisely measuring the temperature fluctuations (non-uniformity of the signal strength) of the cosmic background radiation.
・According to observations of 2005, Ω is between 0.98 and 1.06. [5]

○ However, expansion of the universe has gently accelerated from six billion years ago(doubled over a period of several billion years: the second of inflation) . [11]
・Accelerated expansion is believed to be due to dark energy.

○Dark energy[3]・・・We know only nature of it, that is accelerating the expansion of the universe.
Dark energy is the unknown energy to accelerate the expansion of the universe. It has similar properties as the cosmological term that introduced by Einstein to keep the static state of the universe without collapse by gravity. [4]
Its identity might be the energy of a mere vacuum as well as the cosmological term, or some potential energy (of the scalar field) that does not substantially change even in 10 billion years of time scale.
Others, it can be considered such scenarios that gravity theory which defines the cosmic expansion deviates from general relativity, or remnants of the high-dimensional cosmological such as membrane models have created an effective dark energy.

○In the case of scenario 1, it is necessary to escape from this universe after a few trillion years. [6]

[Expansion of the universe] [7]
○ For expansion of the universe is the expansion of space-time itself, so it is also possible to exceed the speed of light.
○Currently, the observable universe is expanding at 3.5 times of the speed of light. And expansion is accelerating.
: In the 18 billion light-years distant, the expansion velocity exceeds the speed of light. = We can not observe in the distance from it.
⇒After 2 trillion years it almost becomes invisible but one giant galaxy.
: We are living in special times!

○Outside of the observable universe is not known whether infinite or finite.
○ In any case, the observable universe is smaller than the whole universe, so we can not determine the structure of the entire universe by observation.

⇒ Therefore, in order to escape from our universe, rather than fly, it is necessary to exceed the time and space.

○But above is hypothesis and it is not intended validated. Moreover, the time requires 10 billion years. Don't worry!
○ Hypothesis over the future of the universe is a situation of "anything goes".

☆There is a possibility that the universe can take any form.
☆ In the early universe, it might be another universe looked.

【Future of intelligence】
☆ The important thing for the intelligence is communication between the parallel universe rather than escape from the universe.
☆ Communication between the parallel universe would be done by GAI[8].

【Reference】
1. Chandra X-ray Observatory - NASA's flagship X-ray telescope
http://chandra.harvard.edu/photo/2004/darkenergy/more.html
2. Wikipedia:ビッグリップ(Japanese)
3. School of science the university of Tokyo
4. https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/25/03.html
5. No.17 Theory of Relativity
6. Wikipedia:平坦性問題(Japanese)
7. Michio Kaku / New York incandescent classroom " Amazing prophecy of "Theory of Everything;TOE"" 20150403
8. https://www.youtube.com/watch?v=EWXNFhCuwXI
9. Wikipedia:宇宙(Japanese)
10. GAI :Growing Artificial Intelligence No.34、No.39、No.40
11. 「気が遠くなる未来の宇宙のはなし(The story of the future of the universe mind-boggling)」Ktsuhiko Sato(2013)p.187~

87 宇宙の未来【過去と未来】宇宙との対話

87 宇宙の未来【過去と未来】宇宙との対話

○宇宙の未来は宇宙の曲率と暗黒エネルギー次第なのです。[10]

【宇宙の未来】
○宇宙の未来については、大きく3つのシナリオが考えられる。[1],[2]

シナリオ1:宇宙は永久に膨張しつづける。そのため、太陽系のある天の川銀河は極めて近くにある重力的に結びついた銀河とともに孤立してしまう。その銀河では、新しい星を作る材料であるガスが使い尽くされてしまうためにもはや新しい星は誕生せず、残っている星々もやがて寿命を迎え、ブラックホールや中性子星、白色矮星などの星の残骸のみが残った状態になる。・・・10^18から10^25年後
<宇宙が平坦で暗黒エネルギーが一定の場合>
k(空間の曲率)=0
Ω=1
Ω:宇宙の密度パラメーター=ρ/ρc
ρc:臨界密度=9×10^-27(kg/㎥)=3Ho^2/8πG
Ho:ハッブル定数
π:円周率=3.1415…
G:重力定数=6.67×10^−11 (m^3 kg^−1 s^−2)
シナリオ2:膨張は次第に減速し、やがて膨張が止まる。さらに宇宙はそこから収縮をはじめ、非常に小さくなり崩壊する。=「ビッグクランチ」・・・10^27年後<宇宙が球の表面の2次元空間で暗黒エネルギーが減少する場合>
      k>0、Ω>1
      πは小さくなり、三角形の内積は180度より大きい。並行線は交差する。
シナリオ3:宇宙はさらに加速度的に膨張する。あまりに膨張のスピードが速いために、銀河などの構造が崩壊し、さらに膨張が速くなると星も原子に分解され、最終的には物質の最小構成要素である素粒子にまで分解されてしまう。=「ビッグリップ」[3]・・・10^18から10^25年後
<宇宙は鞍状の無限空間で暗黒エネルギーが増加する場合>:
k<0、Ω<1
πは大きく、三角形の内積は180度より小さい。

○宇宙の曲率・・・キーワードはフリードマン
・フリードマンによると、宇宙の内部にある物質やエネルギーの量によって、宇宙の曲がり具合(曲率)は正・ゼロ・負の3つの値を取る。
・フリードマンが明らかにした宇宙膨張の3つのタイプでは、宇宙の膨張は「次第に速度が遅くなっていく」か、「同じ速度で膨張する」かのどちらか。曲率が負の宇宙では、最終的に膨張速度が一定になるが、それ以外は、宇宙内部の物資の重力により膨張速度は遅くなる。
・宇宙の曲率は宇宙背景放射の温度揺らぎ(電波の強さのムラ)を精密に測定することで得られる。
・2005年現在の観測結果によると、Ω は 0.98 と 1.06 の間にあるとされている。[6]

○しかし、宇宙は60億年前からゆるやかな加速膨張(数10億年かけて2倍になる:第2のインフレーション)をしている。[10]
・加速膨張をさせているのは暗黒エネルギーと考えられている。

○暗黒エネルギー[4]・・・わかっているのは「宇宙の膨張を加速させている」という性質だけ。

暗黒エネルギーとは,宇宙の膨張を加速するもとになる未知のエネルギーのことである。これは,引力である重力によって宇宙が潰れずに静的状態を保つために,アインシュタインが導入した宇宙項[5]とよく似た性質をもっている。
その正体は,宇宙項と同じく,単なる真空のエネルギーであるかもしれないし, 100億年の時間スケールでもほとんど変化しない何らかの(スカラー場の)ポテンシャルエネルギーであるかもしれない。
別の可能性としては,宇宙膨張を規定する重力理論が一般相対性理論からずれていたり,膜模型などの高次元宇宙論の名残りが実効的な暗黒エネルギーを生み出しているシナリオなどを考えることができる。
○シナリオ1の場合、数兆年先には、人類はこの宇宙から脱出する必要がある。[7]

【宇宙の膨張】[8]
○宇宙の膨張は時空自体の膨張であるため、光速を超えることも可能。
○現在、観測可能な宇宙は、光速の3.5倍で加速膨張している。
:180億光年離れると光速を超える。=そこから先を観測できない。
⇒2兆年後には1つの巨大な銀河以外ほとんど見えなくなる。
:我々は特別な時代に生きている!

○観測可能な宇宙の外側が、有限なのか無限なのか分かっていない。
○いずれにしても、観測可能な宇宙は宇宙全体より小さいことから、観測により宇宙全体の構造を決定することはできない。

⇒従って、この宇宙から脱出するためには、飛行するのではなく、時空を超える必要がある。

○でも、以上は、仮説であり検証されたものではない。また、要する時間も100億年単位なので、御安心を!
○宇宙の未来をめぐる仮説は「何でもアリ」の状況です。

☆宇宙は、あらゆる形を取りうる可能性もある。
☆宇宙の初期には、他の宇宙が見えたかもしれない。

【知性の未来】
☆知性にとって大事なのは伝承であり、この宇宙からの脱出ではなく並行宇宙間のコミュニケーションである。
☆並行宇宙間のコミュニケーションは、GAI [9]によって行われるだろう。

【参 考】
1. 理科年表オフィシャルサイト(宇宙はこれからどうなるのですか?)のですかhttp://www.rikanenpyo.jp/FAQ/tenmon/faq_ten_006.html
2. オンライン講座:edX/Cosmology/Section1 Space and Time/Lesson1/Referende Notes 1(English)
3. Wikipedia:ビッグリップ(Japanese)
4. 東京大学大学院 理学部 
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/25/03.html
5. 相対性理論(アルベルト・アインシュタイン)が明らかにした宇宙 No.16参照
6. Wikipedia:平坦性問題
7.ミチオ・カク/ニューヨーク白熱教室「『万物の理論』の驚くべき予言」20150403
https://www.youtube.com/watch?v=EWXNFhCuwXI
8. Wikipedia:宇宙(Japanese)
9. GAI :成長する人工知能 No.34、No.39、No.40
10.「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」佐藤勝彦(2013年刊)p.187~

86 Future【Past and Future】Dialogue with the Universe

86 Future【Past and Future】Dialogue with the Universe

in 2018
・Canon seeks fully automated facility - ECONOMICS
http://asia.nikkei.com/Business/Companies/Canon-seeks-to-fully-automate-camera-factories-in-Japan
・One-chip computer with the ability to exceed the human brain will be born. [1]
2030  Computer with a comparable human intelligence will emerge. [2]
2040  One-chip computer will have a capacity of 100 000 times the human brain. [1]
2045  Artificial intelligence is beyond the human in terms of knowledge and intelligence. Mankind technological progress prediction of the past no longer apply.
(=Technological singularity(2005年 Ray Kurzweil (1948- ))[3]
2045~2100  Fusion power plant construction [4]
100 years later   Mankind manages the total energy of the earth and colonizes in the vicinity of the planet. [5]
1500 within year  The arrival of the ice age (predicted by Milankovitch cycle theory (2010))[12]

5 million years later The peak of ice age [6][6]’
50 million years later African continent collision to the European. And Mediterranean, Caspian, Black Sea will disappear. [7]

100 million years later Mass extinction by volcanic activity occurs. [6]
200 million years later The formation of the super-continent Amasia (Antarctica does not move.)
(Large-scale volcanic activity causes colder. Stop of large circulation of seawater by the colder. Lack of oxygen-supply to the seawater by it. Mass extinction of organisms)
150 million years later  The collision of Antarctica and Australia. Japanese archipelago will coalesce into Asia. Atlantic will begin to shrink. [9]
1 billion years later [9]
・Solar luminosity increase more than 10%.
2 billion years later  Earth's oceans have dried up. (Evaporated water will diffuse out of the earth) [9]
3 ~4billion years later There may be Andromeda galaxy and our Milky Way galaxy (2.5 million light years away now) collision.
(If they collide, the chance of individual stars colliding with each other is extremely low.) [7][8][9] [10]
5 billion years later  The sun has become a red giant. [9]

After two trillion years It will not be able to observe galaxies outside the Local Group.
[13]
= Traces of the Big Bang disappear. = Evidence of cosmic expansion also disappear. = Clues of dark energy is lost.
⇒ Revival of cosmology until 1930::The universe is forever unchanged.

Trillions of years away The universe will continue to expand forever, would fully cold. [14]

【Reference】
[1] Softbank new 30-year vision(2010)
[2] The independent
http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/computers-to-match-human-brains-by-2030-782978.html
[3] Wikipedia:Technological_singularity
https://en.wikipedia.org/wiki/Technological_singularity
[4] No.72 The future of fusion power
[5] Michio Kaku / New York incandescent classroom " Amazing prophecy of "Theory of Everything;TOE"" 20150403
[6] The FUTURE is WILD/2003 BBC
[6]’ The Future is Wild - EP 1: Welcome to The Future ... - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=w0kzMmcTS8I
[7] Wikipedia:Timeline of the far future
[8] Wikipedia:Milky Way
[9] Information is Beautiful
http://www.informationisbeautiful.net/visualizations/timeline-of-the-far-future/
[10] The Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics (CfA)
/When Galaxies Collide, our Solar System Will Go for a Ride
https://www.cfa.harvard.edu/news/2007-14
[12] 「気が遠くなる未来の宇宙のはなし(The story of the future of the universe mind-boggling)」Ktsuhiko Sato(2013)
[13] A Universe from Nothing. Lawrence M. Krauss -2012
[14] No.87 Future of the Universe

86 未来【過去と未来】宇宙との対話

86 未来【過去と未来】宇宙との対話

2018年 
・カメラ生産、完全自動化へ―キヤノン
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000067-jij-bus_all
・人間の脳を超える能力をワンチップのコンピュータが持つに至る。[1]
2030年 人間並みの知能を持ったコンピュータが出現する。[2] [3]
2040年 人間の脳の10万倍の能力をワンチップのコンピュータが持つに至る。[1]
2045年 人工知能が知識・知能の点で人間を超越し、これまでの人類技術進歩予測は通用しなくなる。(=技術的特異点(2005年 レイ・カーツワイル(1948- ))[4]
2045~2100年 核融合発電所を建設 [5]
100年後 地球の全エネルギーを管理し、近くの惑星に植民する。[6]
1500年以内  氷期の到来(ミランコビッチ・サイクル説による予測(2010))[13]

500万年後  氷河期のピーク [7][7]’
5000万年後 アフリカ大陸がヨーロッパに衝突し、地中海、カスピ海、黒海が消える。[8][9]

1億年後  火山活動による大量絶滅 [7]
2億年後  超大陸アメイジアの出現(南極大陸は動かない。)
(大規模な火山活動による寒冷化と海水の大循環の停止による酸素の供給不足が起こり、生物が大量絶滅する。)[13] [14]
10億年後 太陽の光度が10%以上増加する。[10]
20億年後 地球の海は干上がっている。(蒸発した水は地球の外に拡散する)[10]
30億年後 我々の天の川銀河とおそよ250万光年離れているアンドロメダ銀河が衝突する。[10]
(2個の銀河が衝突しても太陽やその他の恒星が互いに衝突する可能性は低い)
50億年後、太陽は、赤色巨星となっている。[11]

2兆年後 局部銀河団外の銀河を観測することはできなくなる。[12]
=ビッグバンの痕跡が消える。=宇宙膨張の証拠も消える。=暗黒エネルギーの手がかりも失われる。
⇒1930年までの宇宙論の復活:宇宙は永遠不変

数兆年先 宇宙は永遠に膨張を続け、冷え切ってしまう。[15]

【参考】
[1]ソフトバンク新30年ビジョン(2010年6月)
[2]Wikipedia 人工知能の歴史
[3]「大脳皮質とベイジアンネット」一杉裕志
  http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/besom/29_412.pdf
[4] Wikipedia:技術的特異点
[5] NO.72 核融合発電
[6]ミチオ・カク/ニューヨーク白熱教室「『万物の理論』の驚くべき予言」20150403
[7] Wikipedia:フューチャー・イズ・ワイルド
[7]’ The Future is Wild - EP 1: Welcome to The Future ... - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=w0kzMmcTS8I
[8] Wikipedia:Timeline of the far future
[9] Information is Beautiful
http://www.informationisbeautiful.net/visualizations/timeline-of-the-far-future/ [10]AstroArts どうなる、太陽系の遠い未来
http://www.astroarts.co.jp/news/2007/06/01galaxies_collision/index-j.shtml
[11]Youtube/50億年後の太陽
https://www.youtube.com/watch?v=heJGtkQp3RY
[12]「宇宙が始まる前には何があったのか?」ローレンス・クラウス(2013年11月刊)p.164-165
[13] 「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」佐藤勝彦(2013年刊)p.45
[14] (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)吉田晶樹主任研究員のシミュレーション(2010年)
[15] No.87 宇宙の未来

85 Extinction【Sophia】Dialogue with the Universe

85 Extinction【Sophia】Dialogue with the Universe

“3,500 million years after life birth. The produced living thing is 5 billion ~ 50 billion sorts. It is already exterminated 99.9% of them. Extinction is the universal fate which visits to an organism species” Takashi Tachibana(1940-)

○ Snowball earth
・For about 5~600 million years at the last Precambrian age Earth entered the time of the snowball earth, and near the equator was covered on ice.
・Most lives on Earth of this time were bacteria.
・The time of the dramatic life evolution "Cambrian explosion" had come after the snowball earth.
・There is also an opinion it is supposed that the earth will be in the state of the snowball earth again in the future.

○Extinction of dinosaurs
・6.5million years ago,the collision of a meteorite 10km in diameter to Earth of the dinosaurs planet.
・The clash formed crater of over 250km in diameter(15 ~ 25km depth) in the falling
point(off the Yucatan Peninsula).
・The body of meteorite vaporized by heat of impact vaporization, and dust spreaded into the atmosphere.
・Rock at falling point melted by the heat and splattered around.
・Atmosphere became opaque by dust and sunlight could not reach the surface, the earth was cooling.
・In addition to dinosaurs, many creatures became extinct in order to can not adapt to the rapidly changing environment.

恐竜

85 絶滅【Sophia】宇宙との対話

85 絶滅【Sophia】宇宙との対話

「生命が誕生してから35億年。その間に生まれた生物は50億~500億種。その99.9%はすでに絶滅している。絶滅こそ生物種に普遍的に訪れる運命なのだ」立花隆(1940-)・・・「ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術」(p.146)

○スノーボールアース
・5~6億年ほど前の先カンブリア時代に、地球はスノーボールアース(全球凍結)の時代を迎え、赤道付近でさえも氷で覆われていた。
・諸説あるが、この時代の地球生命の大部分は細菌類だった。
・スノーボールアースの後に「カンブリア爆発」という劇的な生命進化の時代を迎えた。
・将来、地球が再びスノーボ-ルアースの状態になるとする説もある。

○恐竜の絶滅
・6千5百万年前、恐竜の惑星だった地球に直径10kmの隕石が衝突した。
・落下地点のユカタン半島沖にはこの衝突により直径250km以上、深さ15~25kmのクレーターが形成された
・隕石本体は衝撃による発熱で気化蒸発し、塵となって大気中に広がった。
・落下地点の岩盤は高熱により融解し周囲に飛び散った。
・大気は塵によって不透明となり日光が地表に届かなくなって、地表が寒冷化した。
・恐竜だけでなく、環境の激変に適応できなかった多数の生物が死滅した。

恐竜

2016年1月20日水曜日

84 The History of the Earth【Past and Future】Dialogue with the Universe

84 The History of the Earth【Past and Future】Dialogue with the Universe

13.7 billion years ago Big Bang
13.5 billion years ago Birth of stars
10 billion years ago The birth of the Milky Way galaxy
4.6 billion years ago  Formation of The Solar system and Earth (primitive atmosphere is mostly hydrogen and helium).
4.3-4.0 billion years ago  Ocean was born
3.8 billion years ago Birth of unicellular organisms
2.4~2.1 billion years ago The oldest ice age. (Huronian glaciation)
750~700 million years ago Sturtian glaciations
640 million years ago Marinoan glaciation・・・Snowball Earth
600 million years ago Birth and explosion of multicellular organisms(the Cambrian)
500 million years ago  Creature won the brain.
460~430 million years ago Little ice age(Andean-Saharan glaciation)
400 million years ago Plants advanced the land from the sea.
360 million years ago Animal’s landing
360 ~260 million years ago Expansion period of glacier( Karoo Ice Age)
300 million years ago   Increase of insects (cockroaches = living fossil)
Emergence of reptiles
250 million years ago Mass extinction of lives (Permian)
Emergence of dinosaurs
225 million years ago   Emergence of mammals
220 million years ago   Mass extinction of lives
150 million years ago   Emergence of archaeopteryx
140 million years ago   Division of Australian continent
100 million years ago  Golden age of dinosaurs (The average temperature was about 23℃. Temperature of current average is 15℃.)
65 million years ago A mass extinction of organisms= Extinction of dinosaurs(Collision of comet(about 10km diameter))
Emergence of primates(Ability to synthesize vitamin C is lost)
40 million years ago Last ice age
25 million years ago The oldest fossil that seems to be apes
10 million ~5 million years ago The formation of the Great Rift Valley in Africa began.
about 6 million ~ 5 million years ago The differentiation of Humans and chimpanzees
about 2.5 million ~ 1.8 million years ago  Start of Stone tools
1.7 million years ago  Human beings born
0.5 million years ago  Peking man
230,000 years ago    Emergence of Neanderthals ・・・Use of stone tools
200,000 ~190,000 years ago  Emergence of Homo sapiens (present people)
160,000 ± 40,000 years ago   Mitochondrial Eve in Africa
(150 000 years ago   polar bear and brown bear was divided)
100,000 years ago~ Modern humans (Homo sapiens) were spread out of the Africa.
(It was lower about 5-8 degrees in average temperature than the current:The difference between the annual average temperature in Tokyo and Sapporo. Sea level was 120m lower than now. )
70,000 years ago ~  The last ice age
10,000 years ago   The end of the last ice age
30,000 years ago   Extinction of Neanderthal
30,000 ~ 20,000 years ago Mongoloid passed to the Americas.
14,000 ~10,000 years ago Humanity tamed the dog.
13 000 years ago  Japanese archipelago became the island.
10,000 years ago      The end of the last ice age
20th century  Development of science and technology, the explosive growth of population, globalization, world war, environmental destruction and resource depletion concerns
The 21st century    Nuclear fusion power generation. Development of Artificial intelligence, Biotechnology and Nanotechnology. Multi-polar world.

84 地球の歴史【過去と未来】宇宙との対話

84 地球の歴史【過去と未来】宇宙との対話

137億年前   ビッグバン
135億年前   星の誕生
100億年前   天の川銀河の誕生
46億年前    太陽系と地球誕生(原始大気は、主にヘリウムと水素)
43~40億年前頃  海洋が誕生
38億年前    単細胞生物誕生
24~21億年前頃  最も古い氷河期(ヒューロニアン氷期)
7億5千万年前~7億年前 スターティアン氷期
6.4億年前    マリノア氷期・・・スノーボールアース
6億年前     多細胞生物の誕生・爆発的な増加(カンブリア爆発)
5億年前     生物が脳を獲得
4億6千万年前~4億3千万年前 小さな氷河期(アンデス−サハラ氷期)
・・・全生物種の85%が絶滅。
4億年前     植物の上陸
3億6千万年前  動物の上陸
3億6千万年前~2億6千万年前 氷河の拡大期(カルー氷期 Karoo Ice Age)
         ・・・小惑星の衝突が原因とする説もある。
3億年前     昆虫の増加(ゴキブリ=生きている化石)
        爬虫類の出現
2億5千万年前  生物の大量絶滅(ペルム紀)。・・・95%の生物種が絶滅。
2億8千万年前  北半球では、アメリカのヒューストン、アフリカのスエズまで氷で覆われていた。
        恐竜の出現
2億2500万年前  哺乳類の出現
2億500万年前  全生物種の75%が絶滅。
2億2000万年前  生物の大量絶滅
1億5千万年前  始祖鳥の出現
1億4千万年前  オーストラリア大陸の分裂
1億年前     恐竜の全盛時代(平均気温23℃。現在の平均気温は約15℃)
6,500万年前   生物の大量絶滅=恐竜の絶滅(彗星(直径10km程度)の衝突)
         ・・・全生物種の80%が絶滅
        霊長類の出現(ビタミンC合成能力が失われる)
・彗星の落下により直径250km以上、深さ15~25kmのクレーター形成された。
・また、落下地点は当時浅海域だったと推定されている。
 ⇒人類進化の過程ではかなり特殊で偶発的な幸運があった
 (他の惑星でこのような幸運が起こる可能性はほとんどない)
4000万年前~  最終氷期
2500万年前    最古の類人猿と思われる化石?
1000万〜500万年前  アフリカでグレート・リフト・バレーの形成が始まる。
人類誕生に大きな影響を与えた。
600万〜500万年前 ヒトとチンパンジーが分化
250万〜180万年前 - この頃、石器の使用がはじまった。
170万年前    人類誕生
50万年前   北京原人
23万年前    ネアンデルタール人の出現・・・石器の使用
20万〜19万年前 ホモ・サピエンス(現在のヒト)の出現
16±4万年前  アフリカのミトコンドリア・イブ
(15万年前   ヒグマとシロクマが分かれる)
10,000 years ago   The end of the last ice age
7万年前~    最終氷期
(現在よりも平均気温で5~8度ほど低かった。:東京と札幌の年平均気温の差。海面は今より120mも低い。)
3万年前    ネアンデルタール人が絶滅
3万〜2万年  モンゴロイドがアメリカ大陸に渡る。
1万4000〜約1万年前 イヌを飼い慣らした
1万3000年前  日本が島化
1万年前      最終氷期の終わり
5千年前     イタリアに象がいた。
B.C.218年    ハンニバルは象を連れてアルプスを越えた。
A.C.800~1300年 平均気温が現在よりも1℃以上高い。イギリスではブドウが栽培され、グリーンランドは氷で覆われていなかった。また、南極にハエがいた。
20世紀     科学技術の発達、人口の爆発的増加、国際化、世界大戦、環境破壊や資源枯渇の懸念。
21世紀     核融合発電。人工知能、バイオ、ナノ技術の発展。多極化する世界

83 Black holes are exits to the another universe?【Black Hole】Dialogue with the Universe

83 Black holes are exits to the another universe?【Black Hole】Dialogue with the Universe

・Black hole rotating at high speed collapses in a ring shape. The middle of the ring is likely to be the gateway to the parallel universe.

【Reference】
1. Michio Kaku / New York incandescent classroom " amazing prophecy of "Theory of Everything;TOE"" 20150403
2. No.29 The Parallel Universe

83 ブラックホールは別な宇宙の出入り?【ブラックホール】宇宙との対話

83 ブラックホールは別な宇宙の出入り?【ブラックホール】宇宙との対話

・高速で回転しているブラックホールはリング状につぶれる。そのリングの真ん中は並行宇宙へのゲートウエイとなる可能性がある。

【参 照】
1. ミチオ・カク/ニューヨーク白熱教室「『万物の理論』の驚くべき予言」20150403
2. No.28 並行宇宙

82 Evaporation of Black hole:Hawking Radiation【Black Hole】Dialogue with the Universe

82 Evaporation of Black hole:Hawking Radiation【Black Hole】Dialogue with the Universe

1974 Stephen William Hawking
・One of the characteristics of the quantum theory is that there is no empty space thing.
・This may look empty at first glance, in a micro scale pair production of virtual particles of negative energy and positive energy always has been done.
・In just outside the area of the event horizon, positive-energy particles can escape from the black hole if energy is greater.
・On the other hand, negative energy particles are sucked into the black hole.

※event horizon:In the inner side than the event horizon, since the speed required to escape from the black hole is greater than the light speed, it is impossible to escape from there even light .

• Since the negative energy particles are inhaled, the energy of the black hole is reduced as a result, the black hole becomes smaller gradually.
・Black hole is going to "evaporation".
・Final process of this evaporation is observed as a gamma-ray burst.
・At the time of the black hole evaporation is newly made protons and neutrons.
・And temperature at this time, also reached T = 10^32.

※Temperature of black hole:T
ホーキング放射
(k:the Boltzmann constant, M:the mass of the black hole)

・However, the time to partition evaporation is 105.9 billion years, that is orders of magnitude longer than the age of the universe about 14 billion years.

• At present, it is not known sure thing about this process.

【Reference】
[1] The mystery of the black hole Scientific Seminar of the Physical Society of Japan 2004
Text "Einstein and physics in the 21st century"(August 5-6, 2004)
High Energy Accelerator Research Organization Makoto.Natsuume
http://www.h7.dion.ne.jp/~natsuume/articles/jps_seminar_txt2.pdf
[2] A Universe from Nothing. Lawrence M. Krauss -2012

82 ブラックホールの蒸発:ホーキング放射【ブラックホール】宇宙との対話

82 ブラックホールの蒸発:ホーキング放射【ブラックホール】宇宙との対話

1974年 スティーヴン・ホーキング
・量子論の特徴の一つは、からっぽの空間というものがないことである。
・一見空っぽに見えても、ミクロなスケールでは常に正エネルギーと負エネルギーの仮想粒子の対生成がおこなわれている。
・事象の地平線のすぐ外側の領域では、正エネルギーの粒子は、エネルギーが大きければブラックホールから逃れることができる。
・一方、負エネルギーの粒子はブラックホールに吸い込まれる。

※事象の地平線:事象の地平線よりも内側では、ブラックホールから脱出するために必要な速度が光速よりも大きくなるため、どのようなものもそこから逃げ出すことはできない。

・負エネルギーの粒子が吸い込まれるため、結果的にはブラックホールのエネルギーは減り、ブラックホールは次第に小さくなっていく。
・ブラックホールが「蒸発」していくのだ。
・この蒸発の最終のプロセスがガンマ線バーストとして観測される。
・ブラックホールの蒸発の際には、新たに陽子や中性子も作られる。
・この時の温度は、T=10の32乗Kにも達する。

ブラックホールの温度

・ただし、蒸発しきるまでの時間は、1059 億年と宇宙年齢約140 億年と比べて桁違いに長い。

・現在のところ、このプロセスについて確実なことは分かっていない。

【参 考】
[1] ブラックホールの謎に迫る 2004年日本物理学会科学セミナー
「アインシュタインと21世紀の物理学」テキスト(2004年8月5日-6日)
高エネルギー加速器研究機構 夏梅 誠
http://www.h7.dion.ne.jp/~natsuume/articles/jps_seminar_txt2.pdf
[2]「宇宙が始まる前には何があったのか?」ローレンス・クラウス(2013年11月刊)

2016年1月19日火曜日

81 Black Hole 【Black Hole】Dialogue with the Universe

81 Black Hole 【Black Hole】Dialogue with the Universe

・September 2011 Supermassive black holes •at about 54.4 million light-years away in the direction of Virgo announced.

・Black holes have extremely strong gravity, even light could inhale as well as
substances nearby.

Source: Yahoo! News

・Incidentally it takes about 100,000 years for 20 light years by the ship cruising speed of the current, so we will need about 300 billion years till the black hole in space travel ! ! !

(Reference)
・ The theoretically expected cosmic jet that equivalents to the movement of the substance, and the X-rays emitted from the substance inhaled by the black holes are observed.
・ The white hole solution to which time reflection of the black hole is carried out exists in the solution of the Einstein equation.
 ・The information inhaled by the black hole is not lost.

Source: Wikipedia ”Black hole”

ブラックホール

81 ブラックホール 【ブラックホール】宇宙との対話

81 ブラックホール 【ブラックホール】宇宙との対話

・2011年9月 超巨大ブラックホールが、おとめ座の方向に約5440万光年離れた位
置にあると発表された。
・質量が太陽の約30倍以上ある星の場合にブラックホールになる。
・ブラックホールは極めて重力が強く、近くの物質だけでなく光さえ吸いこんでしまう。

出典:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110908-00000009-jij-soci

・ちなみに、現在の宇宙船の航行速度は、4光年を250年程度だから、このブラックホールまでの宇宙旅行には、約22万年要することになる!!!

(参 考)
・ 理論的に予想される物質の運動に相当する宇宙ジェットや、ブラックホールに吸い込まれていく物質が出すと理論的に予想されるX線が観測されている。
・ アインシュタイン方程式の解には、ブラックホールを時間反転させたホワイトホール解が存在する。
・ ブラックホールに吸い込まれた情報は失われない。

出典:Wikipedia「ブラックホール」

ブラックホール

80 ダイヤモンドでできた惑星発見!【宇宙旅行】宇宙との対話

80 ダイヤモンドでできた惑星発見!【宇宙旅行】宇宙との対話

   http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5154487.html

・この惑星は、たった40光年のところにある。
・宇宙船で、片道2,500年、往復5,000年ポッキリ。
・ハヤブサZの開発を急げ!

80 A diamond planet was found! 【Space Travel】Dialogue with the Universe

80 A diamond planet was found! 【Space Travel】Dialogue with the Universe

   http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5154487.html

・This planet is only 40 light-years away.
・It takes 2,500 years for one way, 5,000 years for round trip by the spacecraft.
・Hasten the development of the Hayabusa-Z!

79 Exposure【Space Travel】Dialogue with the Universe

79 Exposure【Space Travel】Dialogue with the Universe

・The amount of exposure on the moon is more than 100 times the earth.
 【Reference】Planetes(Japanese Comic)

・The average annual exposure due to natural radiation of the world is 2.4mSv. The moon is that over 240mSv. 250mSv is close to the upper limit of the dose exposure of emergency (Radiation Council report in March 2011).

79 被ばく【宇宙旅行】宇宙との対話

79 被ばく【宇宙旅行】宇宙との対話

 ・月面での被ばく量は地球の100倍を軽く超える。
  【出典】プラネテス(1巻p.74)

・世界平均の自然の放射線による年間被ばくは、2.4mSv(ミリシーベルト)。月面では240mSv以上ということで、緊急時の被ばく線量の上限値250mSv(2011年3月放射線審議会答申)に近い。

2016年1月18日月曜日

78 Space food Menu【Space Travel】Dialogue with the Universe

78 Space food Menu【Space Travel】Dialogue with the Universe

・I considered space food menu with a focus on sweet potato. This menu is based on
"Dietary Reference Intakes for Japanese" (2010 edition, Ministry of Health), and "food
composition database"(Ministry of Education).

・Sweet potatoes 4, salmon 2 cans, boiled eggs 2, natto 1 package , soy milk 1.5 cups,
spinach 1.5 bunch.
・In these six items six out • You can meet the Dietary Reference Intakes for Japanese
adults.

• Most important problem is how to farmed salmon in the universe.

宇宙食メニュー